FC2ブログ
毎年この時期に煙突掃除をします。
今年は暖かい日が続いていたのでチョット遅くなってしまいました。
例年だと10月中旬の寒い日には焚きたくなります。
今日は風が無かったので絶好の煙突掃除日和

DSC00722.jpg
このくらいの煤が出ました。
灰も少し混ざっていますが。
煤の状態は悪くないという感じです。
昨年の薪は乾燥が足りなくストーブに入れるとシューシューと水分の蒸発する音がしていたので煙突の煤の状態が悪くないかと心配していました。

今週末から冷え込むといっていたので間に合いました。

マスクをして掃除したけど、
終わった後はヤッパリ鼻の中は黒かったなぁ~
スポンサーサイト



記事を読み返してみたら北側開口部の左側にピアノデザインのステンドグラスドアを取り付けたのは9月26日でした。
ブルーシートとコンパネ張って凌いできました。
もう1枚のドアは出来ていて外側部分にはコーキングをして塗装も済んでいます。(だったら早く取り付けろってか)
そんな事を言われた訳じゃないけど・・・。

DSC00685.jpg
室内側をサンダーで研いてからオイルを塗って

DSC00691.jpg
買っておいたアイアンのドアノブを取り付けました。
もちろん丁番も付けました。

さて、
これから1人でどうやってこのドアを取り付けましょうか!!
2×4材で作ったとはいえステンドグラスも入っているのでソコソコ重たいんです。

DSC00694.jpg
取り付ける位置に薄板を敷いて、
その高さと同じ高さになるように外側に植木鉢・ベニヤ板・30mm板材・薄板を重ねて高さを調整しました。
この上にドアを置いてバランスをとりながら慎重に下穴を開けてビス止めしようとしたら、

DSC00699.jpg
なんと、取り付ける場所の外側にある庇に当たってしまいます
困ったなぁ~
ここで午前中終了。
ブルーシートも外しちゃったし、なんとしても今日中に取付けを終わらせなくちゃ。
庇の下がった部分をペンチで曲げようかとやってみたけどアルミが厚くて曲がらない。
庇の先を切ってしまおうかと考えながらランチ休憩に入りました。

DSC00702.jpg
どう納めるか考えて結局ドア下部を切る事にしました。
せっかくきちんと作ったのに・・・って気分だけど仕方ない。

これで大丈夫と取り付けたところ、
今度はサイドが枠に当たって締まりません

DSC00703.jpg
またまた仕方なく今度はドアの右上部を少しカットしました。

DSC00705.jpg
暗くなってしまったけどなんとか今日中に出来ました。
戸当りを付けて隙間からの雨風の浸入もとめて取り付け完了しました。
ドアを閉める時にラッチがカチャっと締まる音が超気持ちイイ~(北島康介ふうに)
9月に削ってもらい大分薄くなったウォールナット材でテーブルを作っています。
このところ展示ルームに掛かりきりになっていました。
でも来月行われる文化祭に出す予定なので、そろそろ作らないと。

DSC00668.jpg
ほとんど加工は終わっていて研いて組み立ての段階です。

DSC00670.jpg
幕板を押さえて内側からポケットホールでビス止めしました。

DSC00677.jpg
天板が薄かったので脚も細くしてシャープな感じに作りました。
オイルを塗って仕上げます。
窓枠周りの飾り(トリムボード)を取り付けました。

DSC00651.jpg
デザインをどのようにしようか考えたんだけど・・・。
あんまりパッとしたというか、コレっていうものが思い浮かばなかった。
ネットであれこれ見たけどなかなか良い物が無かった。
結局、下をチョットだけ出して上は作業場にあるテンプレートを眺めて使えそうな物を使いました。

取り付けはスリムビスと接着剤です。
ここまでは前の記事を書いた時に出来ていました。

DSC00679.jpg
気になっていたのはビスがむき出しになっている事です。
そこで、トキン鋲という鋲を打って隠す事にしました。

DSC00682.jpg
ビスを隠すだけじゃなく飾りにもなるのでイイかと思いました。

DSC00681.jpg
こんなふうに出来ました。
窓の取り付けが出来ました。

DSC00641.jpg
表から見るとこんな感じ。
でもまだやる事があります。
窓周りの隙間が開いているので内側に「戸当り」を付ける事にします。

DSC00644.jpg
ホームセンターで戸当り用のゴムテープを買って、材を作って張ります。

DSC00646.jpg
4辺に張りました。
普通の窓だったらコレでOKなんだけど、観音扉は真ん中の合わせ目が隙間が開きます。
観音扉の隙間を塞ぐ物を「召し合わせ」というらしい!
内側に付けるのと外側に付ける方法があるらしい!!
内側だと窓と窓の間に雨が入ってしまうので外側に付ける事にします。

DSC00648.jpg
同じ桧材で窓と同じビットで加工しました。
なかなか良い感じに出来ました。

窓枠周りの飾り?はトリムボードっていうらしい
そのトリムボードを付ける事にします。
というか、
窓枠と外壁の間の隙間を埋めるために必要なのです。
ここはパイン材で作りました。
2度塗装して仕上げました。
取り付け出来たのだけど、もうチョット仕上げをしないとならないので写真はその後で。
毎日、窓です。

コーキングが終わったので次は丁番を取り付けました。

DSC00631.jpg
丁番の金具の厚み分をノミで彫りました。
これは機械じゃ出来ないので慣れない手工具のノミで彫りました

DSC00632.jpg
どうでしょう!
まあまあかな。

DSC00633.jpg
丁度イイ具合に納まりました。
この後、塗装をしました。
表側はキシラデコールのカラレスを塗りました。
コレは下塗り用って事だけどナチュラルな木目を活かしたかったのでこのままいこうと思います。
まあ気が変わったらこの上から別の色を塗れば良いしね
内側はキシラデコールは塗りたくないのでマスキングして塗りました。
で、内側はオイルフィニッシュです。

外側は2度塗りしたので乾く時間とかでなかなか進みませんでした。

DSC00638.jpg
暗くなってしまったけど取り付け出来ました。

DSC00640.jpg
こんなロックを付けてみましたが、見た目イイ感じだけどコレだけだと少し心許ない感じです。
もう一箇所窓用の金具を付ける予定です。

まだまだ窓周りの作業が続きます
2012.10.18 鍼・整体治療
ずっと右膝と左肘が痛いんです

整骨院に通っているんだけど回復しない。
このまま続けていても改善しそうな気がしないので、
知り合いの方から教えてもらった治療院に行ってきました

初めての治療院ってチョッピリ緊張しますね!
痛みの原因や今までの経過などを丁寧に聞いてくれました。
そして今の身体の状態を確認。
身体が歪んでいるようです、この事は自覚していました。

そして治療、
鍼とお灸と整体の治療をしてもらいました。

治療後、身体の歪みが調整された感じがします。
明らかに違いました。
膝と肘の痛みも和らぎました。

少し続けてみようと思います。

早く自転車乗りた~い!!
窓を本組みしてハタガネを外しました。

DSC00624.jpg
仮組みで良い感じにいっていると思ったけど、接着剤を付けての本組みでは少し目違いが出ていました。
接着剤も少し出ているし
う~ん、まだまだですね!!

気をとり直してサンダーで研きました。

DSC00625.jpg
なんとか許せますかね。

DSC00626.jpg
次は、窓枠とポリカーボネイト板の間を外側だけコーキングで塞ごうと思います。
どうしても外側は雨風の影響を受けるので隙間を塞がないと。
マスキングテープをポリカ板に貼ってコーキングします。

DSC00628.jpg
コーキングって均一に塗るのは難しい

DSC00629.jpg
どうにか2枚出来ました。
窓の枠が出来上がったので、今日は研きから始めました。

使った材に節があって抜けた箇所もあったので昨日パテ埋めしておきました。
スタイル部のカーブしている箇所はスポンジ付きのサンドペーパーを使って手でシコシコ研きます。
逆目の毛羽立った箇所は特に丁寧に研きます。
時間が掛かるし手も疲れるぅ~

平面はサンダーを使います。

先に塗装してから組もうかと思ったけど色が決まらなかったので、
先に組むことにしました。

DSC00622.jpg
今回もガラス部はポリカーボネイト板を入れました。
明日再度研いて自作窓完成です。
とは言っても、
丁番を付けたり、他の金具も必要なので取り付け終わって終了ですね。
サイズが一般的ではないので窓は自作しようと思います。
昨夜、窓の図面を書いてみました。

当初は1枚窓で考えていました。
でも、幅が700mm高さが900mm以上だったので2枚の観音開きの窓を作ろうと思います。

材は桧です。
エッ「桧」って思いますよね!
窓枠で桧を使いたかったのに直ぐに調達できないって行っておきながら・・・
実は桧材は少しストックがあります。
でも全部厚さが45mmあるのでドアと窓で使おうと思っていました。

DSC00607.jpg
2000×165×45のサイズです。

DSC00612.jpg Before → DSC00614.jpg After
こんなに綺麗な木目が現れました。
窓の枠組みは30mmで作るので、材の欠点(割れや節)をなるべく消すように15mm削りました。
この作業も結構時間が掛かりました。

DSC00618.jpg
レールスタイルビットを使って加工しました。
仮組みしてみたら、良い具合にピッタリと組めました。

DSC00616.jpg

今日は一日中フィトンチッドに包まれての作業でした。
リラックス~
窓枠を作りました。

材を当初は桧材で作ろうと考えていましたが直ぐに調達できそうもなかったので在庫で持っていたポンデロッサパインを使って作りました。

DSC00570.jpg
先に塗装して組み立ててからはめ込みました。
塗装は水性塗料を薄め少し透ける感じの塗装にしました。
よく見ると節が見えます。
雨があたるので2度塗りしました。

DSC00571.jpg
次は窓を作ります。
野地板のプレーナー加工が終わって幅合わせのカットをしました。

次は必要な枚数をサイズにカットします。
今回は野地板を下見張りという方法で張ります。

DSC00565.jpg
少し重ねながら張っていく張り方で、よく見ると思います。

DSC00566.jpg
1人で張るのでクランプを使いながらの作業です。
赤いクランプで等間隔に測る木片を挟んで固定しながら次に張る板を上に重ねてクランプで押さえます。

DSC00568.jpg
その状態で水平器で平行を確認してビス止めしていきます。

DSC00569.jpg
外壁が張り終わりました。
次は窓枠周りです。
枠を作ってコンパネを張るところまで出来たので次は防水シートを張ります。
小屋作りの時にはコンパネの上に野地板を張って仕上げとしましたが今回はチャンと防水シートを張ることにしました。
外壁に張る野地板も無かったので、
いつものジョイフル本田千葉ニュータウン店へ買い出しに行って来ました。

僕はジョイフルに行く時は、
買う予定の物をリストアップして携帯のメモ帳に書いてから行きます。
そうしないと買い忘れる事がありますから。
今回は、防水・浸透シート、野地板、胴縁、防水テープ、水切り金物などです。
野地板は相じゃくり加工とプレーナー加工をした物が売っていましたが1束6600円と高い!
一方乾燥済みの粗切りの野地板は1束1880円(サイズ1820×175×12)です。
迷わず無加工の野地板を4束購入。
胴縁1束(未乾燥)
水切り金物2本
浸透シート10m(切り売り)などを買って来ました。
これだけの量を買うとMPVではチョイト辛いなぁ~!

DSC00557.jpg
野地板です。
早速、プレーナー掛けをします。

DSC00550.jpg
1820mmでは作業場内で出来ません。
プレーナーを表に出して集塵機を中に置いて繋ぎます。
お隣さんうるさくしてすみません
40枚結構大変でした

DSC00555.jpgBefore → DSC00556.jpgAfter

40枚のプレーナー掛けで1日かかりました。
お金を掛けないで手間を掛けました。
2012.10.07 wowwow偉い!
今wowwowでジャパンオープンテニスをLIVEで放映しています。
錦織圭選手が決勝戦を戦っています。
wowwowは今年の夏小田さんのライブの放送があったので加入していましたが今は入っていません。
それでもチョコット映りましたが直ぐに加入案内の画面になってしまいました。

諦めて夜のスポーツニュースを見ればイイか!
って思ったんだけど・・・。

以前テニスをやっている時にはよく会場に見に行っていました。
それを考えればwowwowの視聴料なんて安いものです。
そう思って申し込みの電話をしました。
wowwowのサービスセンターに電話したのですが我が家はケーブルテレビに連絡しないと加入できないとの事。

ケーブルテレビに電話したら直ぐに見られますか?って聞いたら
今すぐに何かご覧になりたい番組がありますか?と聞かれました。
ジャパンオープンテニスと答えると、
wowwowの15日間無料視聴サービスがございます。って教えてもらい即お願いしました。

今、見てるんだけど
これで錦織選手が優勝してくれれば最高です

17:30
錦織選手が優勝

DSC00548.jpg
DSC00532.jpg
胴縁は未乾燥だったので天日干しをしました。
このまま使うとビス止めした時水が出ます

防水シートはラミテクトHiという物です。
ジョイフルで切り売りで10m買って来ました。
一巻きの方が割安だけど50mは要らないから。

DSC00563.jpg
正面の壁面に張りました。
胴縁も乾いたので張りました。
最初はドアの幅を900mmで考えていたけど、太陽様やKちゃんに家具の出し入れを考えるともっと広い方が良い!と言われました。
僕もそうは思ったんだけど900mm以上だと2枚扉にしないといけないので・・・。
ちょっと面倒だし時間が掛かってしまうと思って1枚で考えましたが、
やっぱり後の事を考えれば広くしようと思いました。

それで900+300の2枚の親子扉にしようと思います。
扉上部に明り取り用窓と壁部分に窓を付けます。

DSC00529.jpg
こんな感じの配置です。

DSC00528.jpg
内側はこんなふうに作りました。