FC2ブログ
昨日完成させたカフェトレイは3個一緒に作っていました。

1個だけ早く仕上げたのには理由があった。
勤めていた時の先輩が友人の退職記念品を欲しいと言って頂き来てくれました。
その日が26日だったので間に合うように1個だけ仕上げました。
結局は他の物を選ばれましたが。

残った2個を今日仕上げました。
取っ手は同じ物では無く3個別々の物です。

DSCN4510.jpg
取っ手が違うだけです。
あっ!
もう1箇所違う所があります。
取っ手を取り付ける窪みの長さが違います。
当初の予定は取っ手の長さギリギリの2作目のこの長さでした。
しかしルーターで加工する際に誤って長く加工してしまいました
取っ手を取り付けて完成品を見たら長い窪みのほうがしっくりくると感じました。
今後作る物は長めの窪みを定番としようと思います
こういうのを怪我の功名っていうのかな!!

DSCN4509.jpg
コチラの取っ手はシンプルなフラットのタイプです。
こっちも良い雰囲気です。

DSCN4574.jpg  DSCN4572.jpg
こっちは以前買ってあった取っ手です。
造りがチョイト雑で大雑把です。
コレはコレでイイんだろうけど僕は1・2作目の丁寧なつくりの取っ手を好みます

という事で3作目の取っ手のカフェトレイは今後作りません。
もとよりどこで買ったか覚えていません
なので1点ものです
スポンサーサイト



2014.02.25 カフェトレイ
トレイを作りました。

ネットで見るとカフェトレイと呼ぶらしい。
まあ、ただのトレイよりも聞こえがイイので僕もそう呼ぶことにします

今回はパインとオーク材で作りました。

DSCN4489.jpg
アイアンの取っ手を付けました。

DSCN4499.jpg
取っ手の取り付け位置は左右の桟の真上や真横に取り付けるのが簡単だけど、
どちらも使いづらそうに思い傾斜して取り付けました。

完成して持ってみると思惑どおり持ちやすかった。
アイアンの取っ手が良い雰囲気を醸し出しています。
僕は木とアイアンの組み合わせが好きです。
これからもそんな作品を作っていこうと思います。
2月23日 アタック真壁城にオルテガさんが出走しました。

太陽様は休日出勤、ぶぶさんは連日の残業でそれぞれ応援に行けません。
では、僕が折り返し地点の”りんりんロード”真壁休憩所へ応援に行く事にしました。
もちろん車でです。

予想到着時間は13:20頃です。
充分間に合う時間だったので筑波の材木屋さんに寄りました。
寄るとついついいろいろな話に夢中になっちゃいました
危うく時間に間に合わなくなってしまいそうだったので急いで切り上げました。

13:20分には間に合いそうと思いながら車を走らせたいたら、
「着いたよ!」とオルテガさんからメールが
5分ほど遅れて到着。

コピー ~ DSCN4460  13:19
なんとかオルテガさんと合流できました。
オルテガさんは元気そうでした。

DSCN4461.jpg  13:23
元気にスタートして行きました。

オルテガさんを見送ってから気が付いたんだけど、
真壁の町では雛祭りが開かれていました。
たまたま車を停めた傍に「栗最中」の看板が出ていました。
甘党の僕は吸い込まれるようにお店に入りました。

DSCN4465.jpg  DSCN4466.jpg  DSCN4464.jpg
店内にはお雛様が飾ってありました。
楽しいお雛様です

DSCN4486.jpg
美味しそうな栗最中です。

僕はこの後益子焼の陶芸家の方と打ち合わせがあったのでオルテガさんの応援は折り返し地点だけでした。

18:38 オルテガさんから「無事にゴールしました」メールが届きました。
完走おめでとう
昨年作ったチェーンリング時計のイメージが強すぎて同じような材を探そうとしていたように思う。

同じ材は無いのに・・・

そこで欅から離れて他の材で作ってみようと思いました。

DSCN4455.jpg
最近入手したクルミ材で作ってみました。

なかなか良い感じに出来たと思います
DSCN2925_201402200548150b9.jpg
昨年作ったチェーンリング時計

今年の年賀状にこの時計を使いました。

こんな感じの時計を作って欲しいという思いがけない反響がありました。

早速作ろうと思ったのだけれど、なかなか良い感じの材が見つからない
DSCN4347.jpg
この材で作ってみます。

DSCN4355.jpg
表面を削ってみると虫穴や割れがありました。
うーんどうしようか迷ったけどこの材で作ってみようと思います。
チェーンリングは39Tがあったのでそれを使います。
まずはチェーンリングの収まる箇所を彫ります。
前回のチェーンリング時計の時には手彫りで彫ったけど今回はトリマーを使います。

DSCN4430.jpg
以前作ったトリマーの円切り冶具を使いました。

DSCN4432.jpg
18mmのストレートビットで丁度良い幅です。
でもリングのネジ止め部分が残ります。

DSCN4435.jpg
この部分は鑿で彫りました。

DSCN4437.jpg
文字盤の穴も彫ってチェーンリングも収まりました。
この後、文字盤を埋めて研いて仕上げました。

DSCN4445.jpg
でもやはり材が良くなくて納得いかない仕上がりでした

チェーンリングは時計用に購入したのでもう一度作ろうと思います。
2014.02.17 1℃の攻防
先日『い志い』さんに行ったときのカウンターメンバーとの会話で風呂の温度の話題になった。

我が家は、
給湯温度は42℃
浴槽のお湯の温度は41℃の設定です。

若いカウンターメンバーは熱いお湯を好み43℃くらいのお湯でないと「温まった気がしない」と言っていました。
僕は若い人は比較的ぬるめのお湯に入るという先入観がありました。

年配者は熱い湯は身体に良くないと思い込んでいました。
実際41℃のお湯ではなかなか身体が温まりませんでした。
そこで今夜から浴槽の湯温の設定を1℃上げて42℃にしました。


しかぁ~し、
太陽様は浴槽に入った瞬間
熱い!!

そうなんです、太陽様は熱いお湯は苦手なのです

たった1℃でそんなに違うか!?って思って入ってみました。
違います!!
凄く良く温まります。
湯冷めしません。

太陽様には41℃で入ってもらおう、そして僕が入る時に42℃設定で沸かして入る事としましょう。
たかが1℃、されど1℃
2014.02.17 しまこうさん
しまこうさんの作品を見に松戸の伊勢丹に行って来ました。

太陽様が土曜日に行って見て来て教えてくれました。
「是非見に行ってきたほうがイイよ!」って。

2月5日~17日 松戸伊勢丹7階食器フロアで開催されていた。
今日が最終日だったので午前中に行った

DSCN4418.jpg
食器のフロアの一角に作品を並べて実演販売形式でやっていました。

電熱ペンで描く”それ”は今まで見た事の無い作品でした。
太陽様が土曜日に見た際に少し話をしてきた。
その際に僕のことを話していた。
その事をしまこうさんも覚えていてくれたので僕が木工をしていると知っていたのでいろいろとお話ができました。

DSCN4419.jpg
木の木目を活かして描くものを決めると言っていました。
見事に木目を活かしていると感じた作品です。
砂漠をラクダの列が、ず~っと連なって歩いています。

DSCN4422.jpg  DSCN4423.jpg
仲良し親子の木!という雰囲気、裏側にはやっぱり親子が描かれていました。

DSCN4424.jpg
日本列島

DSCN4421.jpg
題名:友だちの輪 僕は”世界中が手をつなごう”と副題を勝手につけてみる

DSCN4427.jpg  DSCN4426.jpg
点で描かれたキリンとピューマ

DSCN4428.jpg
題名:MINAMO
水面に映る木々の描写が素敵です!

DSCN4429.jpg
木の根の存在感が凄い


そして僕が一番気に入って分けてもらって(買って)きたのはコレです。

DSCN4438.jpg
木が描かれています。
DSCN4439.jpg
木には根っこが生えています。
DSCN4440.jpg
木の下の地下ではこんな事になっていました。

チョット考えて細工をしてからショップに飾らせて頂きます。

他の方の作品を見るのは楽しいです。
そして物づくりの感性が良い刺激を受けます。
今日はありがとうございました。
2014.02.17 やっと5000人
2012年7月からFC2ブログを始めました。

そして今日やっと5000人目の訪問者を記録しました。
まあ1日で10名程度の閲覧なので、そんなものでしょう

日々の出来事を日記を書くようなつもりで記録しているブログなので見に来てくれるのは身内や知り合いの方が多いです。

でも、それ以外の方も見に来てくれているようで嬉しい限りです。

これからも木工や自転車の事が中心となるでしょうがコツコツと続けていこうと思います。
宜しくお願い致します。

目指せ10000人
2014.02.15 祝 金メダル
徹夜で見た男子フィギュアスケート、

羽生結弦選手が見事金メダルに輝きました
おめでとう。


DSCN4406.jpg
というわけで、ってどういうわけ!?
羽生結弦選手の金メダルを祝して毛蟹です
太陽様は今日毛蟹が食べたいって思っていたんですって。
『い志い』さんに行って今日のお勧め黒板に毛蟹を発見して嬉しそうでした。
『い志い』さんに毎日毛蟹があるわけじゃないんだけど、想いが通じたのでしょうか。

DSCN4399.jpg → DSCN4405.jpg → DSCN4401.jpg
いつも美味しい生ビール   生ものには手取川           そして芋焼酎

DSCN4400.jpg
最後の1個の生牡蠣

DSCN4408.jpg
それじゃあという事で牡蠣フライをいただきました。

DSCN4404.jpg
ホタテ貝焼き、甘くて美味しいです。

DSCN4410.jpg  DSCN4411.jpg
無口になって食べた蟹の甲羅にお酒を注いで甲羅酒を頂きました

DSCN4412.jpg  DSCN4413.jpg
〆は冬季限定の団子汁と昆布のおにぎりでした。

今夜も美味しい『い志い』さんでした。
ご馳走様

さあ今夜はレジェンド葛西選手の応援です!
2014.02.15 端材を活かす
DSCN4276.jpg
このお皿を作ったとき、
DSCN4260.jpg
裏側をカットした。

DSCN4392.jpg
その時に出た端材。
僕は薪ストーブの焚き付けに使おうと思った。

ストーブ脇でその端材を見つけた太陽様が「勿体無い!」「何か作れる!!」って言います。
僕は面倒くさいから、「焚き付けでいいよ!」って思っていました。

太陽様は”端置き”を作ったら!と。

DSCN4396.jpg  DSCN4398.jpg
15個出来ました。          チョコレートのようです

DSCN4395.jpg
お箸を置けばいい感じです。


木を活かしきる!という事を学ばせてもらった箸置きでした。
2014.02.14 またまた大雪
先週に続いて今週も大雪が降っています

今夜は男子フィギュアスケートで日本男子の応援で徹夜になっちゃうかも!!

DSCN4384.jpg  23:28
まだ降り続いています。

DSCN4387.jpg  23:30
こんなに積もっちゃいました!
明日はまた雪掻きかぁ~
St. Valentine's day 僕が子供の頃はこんな日は無かったよな!
2月14日はあったけど特別な日じゃなかった。

いつの頃からかチョコレートの日の様相だ。
チョコレート業界は今日に向けてさぞかし頑張った事でしょう。

DSCN4382.jpg
そういう我が家にもチョコレートが

DSCN4381.jpg
午後に宅急便で軽井沢のモッチさんからゴディバがこんなに届きました。
あ~今日はバレンタインだったと思い出しました。

少しの間甘い日々が続きます
2014.02.13 置時計
置時計付きペン立て、ペン立て付き置時計!?

呼び名はどうでも時計が付いてるペン立てを作ってみました。

DSCN4357.jpg  DSCN4358.jpg  DSCN4363.jpg
3種類です。

DSCN4364.jpg
ペン立て無しの置時計

DSCN4366.jpg
木目の面白い置時計、写真より実物の方が良い感じです。

誰か見に来てくれないかなぁ~
2014.02.10 鍼灸治療
予約してあった治療院に行ってきました。
雪が残っているので少し早めに出たら大分早く着いてしまった。

パッケージプラザで箱の買い物を済ませてから行きました。

12時からの予約は僕だけだった。

僕の今の状態は首・腰が悪いらしい。
それから汗疱の事を相談しました。

先生の昔の同僚の方も汗疱だったけど鍼灸と食事療法などで治したと言っていました。
人の身体は悪い箇所が複数あると治す優先順位があって、
一番悪い箇所に治すエネルギーをたくさん注ぎ込む、すると他の悪い箇所に注がれるエネルギー量が減ってしまいなかなか治らないという現象が起こる。

今の僕の状態はそうなっているのかもしれない。
振り返って考えてみると納得出来る。

汗疱が悪化してきたのは10月頃からだ!
ちょうどその頃から変な咳が続いていた。
咳は医者をかえる1月中旬まで続いてその間ずっと汗疱は良くならない。

今は身体の首と腰を治そう。

そして東洋医学では皮膚のトラブルの原因は大腸にあるらしい。
そういえば娘から教えてもらった”ビオチン治療”は腸内バランスを整えるというもの。
う~ん、一致するなぁ!

という事で”ビオチン治療”を再開してみようと思います。

なにがなんでも治してやるぞぅ~
関東地方に何十年振りの大雪が降りました

DSCN4289.jpg  2/8 23:52
雪国ではなく我が家の前です
まだこの時点で雪は降り続いています。

2月8日未明から降り続いた雪が夜になって北風も強く吹いて吹雪の様相です。

DSCN4282.jpg  2/8 19:29
こんな夜にやっているか心配だったのですが『い志い』さんは元気に営業していました

DSCN4283.jpg  DSCN4284.jpg  DSCN4285.jpg

DSCN4287.jpg  DSCN4288.jpg  DSCN4286.jpg
今夜も美味しい『い志い』さんでした。


一夜明けて、
DSCN4296.jpg  2/9 10:15
2階のデッキの窓際に雪の吹き溜まりになっています。

DSCN4301.jpg
前の駐車場も雪に埋もれています。

DSCN4303.jpg
作業場の屋根に雪が積もっています。
片側の一部分にだけ積もっていました、相当風が強かったんでしょう。

DSCN4310.jpg
庭もすごい事に!!

外が何やら騒がしいです。
近所の方々が雪掻きを始めたようです。
急いで遅めの朝食を済ませて参戦します

DSCN4305.jpg  10:59
家の前の道路にも大量な雪が積もっています。

DSCN4306.jpg
ショップの入口も雪の吹き溜まり状態です。

DSCN4308.jpg
スコップを取りに庭へ入るのも大変です。

DSCN4313.jpg  13:18
ご近所総出で雪と激闘2時間あまり、この辺りは綺麗になり既に乾きだしています。
太陽様もやり遂げた感があります!

DSCN4315.jpg
向かいのK村さんのお嬢さんも雪掻きに参戦して積んだ雪で”かまくら”を完成させていました。

DSCN4320.jpg
付近の道路はほぼ開通しました。
あとは庭とデッキと作業場前です


午後、既に腕・腰・尻の筋肉が悲鳴をあげています

DSCN4324.jpg  DSCN4325.jpg 
というわけで、連日の『い志い』さんです。

DSCN4332.jpg  DSCN4334.jpg  DSCN4333.jpg

DSCN4342.jpg  DSCN4344.jpg
今夜はてんぷらでご飯を食べようって決めていました。

DSCN4345.jpg
太陽様は梅茶漬け

今夜も『い志い』さん、ご馳走様でした
今日の明け方から雪が降っています。
13年振りの大雪になる予報です。

DSCN4279.jpg  DSCN4280.jpg  9:48
そういえば去年買った融雪剤があったのを思い出し入口周辺に撒いてみました。
撒いた所の雪が解けて消えました。


それから数時間経って薪を取りに行ったら既に融雪剤は雪に埋まってしまっていました。
まだまだ降り続きそうです。
被害が出ないか心配ですね!
2014.02.08 器の製作
作品展の欅の器を作る少し前から別の器を作っています。

ブラックウォールナットの器です。

DSCN4148.jpg
大分以前にウッドショップ関口さんで買ったものです。
850×230×60くらいでした。
この材から、中皿4枚と小皿5枚を作ろうと思います。
白太部分は材の端にチョットだけ入っていましたが、皿の角にもってくればうまくカットできます。

この材を約30mmくらいに2枚に引き割ります。
とはいっても僕のバンドソーは180mmまでしかできないので両サイドをテーブルソーで切れ目を入れます。

DSCN4150.jpg  DSCN4152.jpg
あとは自力でシコシコ鋸で引きます。
なかなか切れないけど続けていればいつかは切れると思いつつやっていました

DSCN4156.jpg
割れた~ぁ!

DSCN4159.jpg
自動カンナで両面を綺麗に仕上げます。
均等な厚さにはならなかったので厚い方を中皿用、薄い方を小皿用としました。

材を必要な大きさにカットしてからフォスナービットで大まかに彫ります。
でも以前から気になっていた事があります。
フォスナービットで彫ると中心に穴が開いてしまう事です。
仕上げの彫りをする際にフォスナービットで必要な深さに彫っても更に深く彫らないと中心の穴が消えないのです。
中心の穴を考慮するとどうしても少し浅めに彫る事になるのです。

DSCN4160.jpg
ビットの先っぽ!!

DSCN4165.jpg
邪魔者をカットしてみました

DSCN4166.jpg
試し彫りしてみました。
中心に跡は残るけど許せる範囲です

DSCN4169.jpg
こんな感じにボール盤で穴を開けました。

DSCN4173.jpg  DSCN4174.jpg
次はこれの出番!
チェーンソーのような怖そうな感じ!
エグリカッターのチェーンソーのようなタイプです。
これで皿の内側を削っていきます。

DSCN4229.jpg  DSCN4232.jpg
少しずつ削っていきます。
油断すると直ぐに深く削れてしまうので注意しながらの作業です。

DSCN4234.jpg  DSCN4233.jpg
次にプロクソンのマイクロディスクグラインダーにタングステンカッターを付けて更に削ります。

DSCN4258.jpg
フォスナービットの彫り跡も消えました。
ここから鑿で仕上げ彫りをします。

DSCN4259.jpg
こんな感じに彫れました。

DSCN4260.jpg
底の加工です。
バンドソーのプレートを傾斜させて4辺をカットします。

DSCN4261.jpg
今回のお皿の角度はこんな感じで比較的立った感じです。
この後仕上げの研きをしてから蜜蝋ワックスで仕上げます。


DSCN4276.jpg  DSCN4275.jpg
小皿・中皿両方仕上がりました。
ほぼ同じように作ったけど小皿は裏側の傾斜部分は鑿で仕上げました。
ブラックウォールナットは仕上がると艶が出て良い感じになるます。

一生懸命に作ったこのお皿ですが店頭には並ばないんです
2014.02.05 作品展の続き
昨日の続きをやっています。

DSCN4256.jpg
カットした裏側の傾斜部分を彫っています。

DSCN4262.jpg
こんな感じです。

DSCN4263.jpg
前面彫り終わりました。

DSCN4264.jpg
細部を研いて蜜蝋ワックスで仕上げて完成です。

今回は1点の出展です。

2月13~18日 ジョイフルホンダ 千葉ニュータウン店2F
近くに行ったら寄ってみてください
2014.02.04 作品展
今月13~18日の間ジョイフルホンダ千葉ニュータウン店で開催される”木工展”に出展することになりました。

この展覧会はジョイフルの千葉ニュー・守谷・富里の木工教室の生徒の作品展です。

今年は出展作品を作っていないので辞退しようかと思っていました。
でも参加する事に意義がある(オリンピックの年だし!)と思い直して出展することにしました。

作品の搬入が12日なので1週間しかありません
という事で作品作りです。

丁度良い感じの欅材をとって置いたので器を作る事にしました。

DSCN4247.jpg
今までは浅い皿を作っていましたが今回は深いものを作ってみようと思います。
画像を最初から撮っていなかったので既に内側は彫り終わっています。
全部鑿で彫ろうとしたけど出来なかった。
今度の教室のときに先生に聞いてみようと思います。

DSCN4250.jpg  DSCN4251.jpg
バンドソーのテーブルを傾斜させて器の輪郭を斜めにカットします。

DSCN4252.jpg
こんなふうにカットできました。

DSCN4253.jpg
傾斜が今ひとつだったのでもう一度カットしました。
いい感じです
2014.02.04 鍼灸治療
今年になってから右の首筋から肩にかけて痛みがとれない。
また作業をしていて夕方になると背中が凝ったようになって痛みがある。

そこで以前肘痛を治してもらった鍼灸治療院へ行ってきました。

背中と腰・肩の治療もしてもらったんだけど、
相変わらず良くなる兆しの無い指の被れの治療もしてもらいました。
アレルギーの治療のようです。

背・肩は大分楽になりました。
指も良くなると嬉しいのですが・・・。
2014.02.03 掛け時計完成
先週やっていた掛け時計3個が完成しました。

先週の続き

DSCN4219.jpg  DSCN4220.jpg  DSCN4221.jpg
縁の加工を3種類別々にしてみました。
これだけで表情が変わります。

DSCN4222.jpg
掛け時計なのでキーホールの加工をして掛けられるようにします。

DSCN4223.jpg
こんなふうにできました。

DSCN4224.jpg
3つとも欅なんだけど全然表情が違う出来上がりになりました。
2014.02.03 庭木の剪定
住み始めた頃に植えた武蔵野欅が大分大きくなった。

以前自分で少し伐ってみた事があったけど、既に僕の手にはおえない程に大きくなった。

そこで同じ町内の造園屋さんに剪定を頼もうと思っていました。
剪定は芽吹く前には済ませたいと思っていた。

今日の午前中に偶然造園屋さんのご主人を見掛けたので「時間の都合よい時にお願いします!」と頼んだ。
快く引き受けてくださった。
これで一安心と思っていました。


すると午後3時頃に「今日早く仕事が終わった」との事で来てくれました。

DSCN4238.jpg

DSCN4240.jpg
ユニックを駐車場から上げて剪定作業をします。

DSCN4242.jpg
丁度やまぼうしと欅の前部分の車が出掛けていたのでいいタイミングでした。

DSCN4243.jpg
高所恐怖症の僕には出来ない仕事です

これで今シーズンはサッパリした容姿で芽吹きを迎えられます。
2014.02.02 懐かしい場所
DSCN4211.jpg
懐かしい所に行ってきました。

以前勤めていた職場です。
勤めていたのは50~54歳の4年間だったと思います。
その頃は決して楽しい毎日ではなかったと思うけど今日行ってみたら楽しかった事しか思う出さなかったなぁ。

DSCN4210.jpg
その頃一緒に働いていた仲間が道の先から自転車に乗って出てきそうな気がしました。

DSCN4213.jpg
昼休みに昼食を買いに行っていたパン屋さんが開いていたので買ってきました。
変わらない味がしてとても懐かしかったです。