FC2ブログ
2014.05.26 屋久杉を見に
午前中は作業場の片付けをして、午後から大陽様と一緒に松戸の伊勢丹へ行きました。

目的は屋久杉です

DSCN5332.jpg
こんな杢や
DSCN5333.jpg
こんな杢が
DSCN5339.jpg
この一枚の板にびっしりとあります。
こんな凄い杉の材は見た事がありませんでした
それにこの材は研いただけで無塗装でこの状態という。
まるでウレタンを塗ってあるかのような艶です。

DSCN5331.jpg
この材も凄かった!!

DSCN5337.jpg
ボールペンとシャープペン

DSCN5338.jpg
泡瘤の作品
勿体なくて使えない!

DSCN5335.jpg
ペーパーナイフなど

DSCN5334.jpg
お仏壇用品

DSCN5336.jpg
一輪挿し

溜め息の出るような濃厚な時を過ごしました。
来月2日までやっているのでもう一度行ってこようと思います。

スポンサーサイト



2014.05.25 作業場整理
僕は長い間トリトンのワークセンター2000というテーブルソーを使っています。
以前は2×4材やパイン材だけしか使わなかったけど、今は広葉樹を使うのでトリトンでは力不足を感じていました。
機械も正直で昨年の12月にテーブルソーに取り付けているパワーソー(丸のこ)が悲鳴をあげました!
近所の木工仲間のKちゃんが貸してくれた丸のこを取り付けて使っていました。

でもヤッパリ力不足を感じていたので、
遂に今回新しいテーブルソーを導入する事にしました。
stax toolsの 793 テネシーというテーブルソーです。

DSCN5304.jpg
という事でトリトンを掃除して片付けます。
暫くの間掃除をしていなかったので大変です。

テーブルソーを片付けたついでに作業場内を整理する事にしました。
一番気になっていた事は材の保管です。

DSCN5301.jpg
端材を置いてる場所

DSCN5303.jpg
その奥の大物を置いてある所

DSCN5302.jpg
板材とその他を置いてある所、ここが一番片付けたい所
ここにはコンパネやMDF板だけを置いて容量を減らしました。
材置き場を換気扇のコーナー部分に集めて整理して置きました。
棒状の端材は元々箱に入れていたけど今回その箱を楽に移動出来るようにキャスターを付けました。

DSCN5320.jpg
コーナーにほとんどの材を集めました。
この材を使って作品を作っていこうと思います。
少し減らすまで新しい材は買わないぞ!って思うのだけど・・・。

DSCN5321.jpg
板材も少なくなってすっきりしました。
ルーターテーブルとボール盤の台にキャスターを付けて移動が超楽チンになりました

まだもう少し片付けたい所があるのでもうひと頑張りです。
... 続きを読む
2014.05.22 木工旋盤教室
ぐい飲みの受け皿を木工旋盤で作りたいと考えました。
木工旋盤の使い方を教えてくれる所を探して八潮のDIY工房IZUMIさんへ行ってきました。

時間に余裕を持って出かけたんだけど昼食後ナビがなかなか起動しなくて結局少し遅れての到着となってしまいました
ご挨拶をしてから、木工旋盤について丁寧に解説していただきました。
こちらでは最初にボールペン作りを行います。
ボールペン作りを最初に行うのは安全で失敗がほとんど無いからという事です。

既に材はカットして中に芯を通す金具が埋め込まれています。
数種類の材の中から好きな物を選びます。
僕は赤いパドックという材を選びました。
木工旋盤に材をセットして、まずは先生がお手本を見せてくれます。
機械やバイトという刃物の使い方をその都度解説しながらでしたので分かりやすかったです。
それでも最初に材に刃物をあてるときはちょっと緊張しました
少しずつあてて加減を覚えながらの作業です。
慎重になり過ぎていたのか「もう少し厚くあてて大丈夫です」と声を掛けられます。

2014052306540383f.jpg
少し緊張気味の作業です。(先生の撮った写真です)

201405230654028ec.jpg
ボールペンの胴の部分を削っています。
好きなデザインで削って!と言われましたが考えていなかったのでとりあえずダンダンに加工してみました。

DSCN5277.jpg
出来上がったのがコレです。

DSCN5275.jpg
もう一つペンダントタイプのボールペンを作りました。
こちらはゼブラウッドという材です。

次は小さな器作りに挑戦です。
2014.05.19 下準備
明日はまた筑波へ行って木工旋盤でぐい飲みを作ってこようと思います。

先週2日間で木工旋盤の使い方が大体分かってきました。
今回は欅材で作りたいので材の下準備を行いました。

DSCN5246.jpg
この材から作りましょう。

DSCN5247.jpg
まずは魚をさばくように3枚におろしてから小分けしていきます。

DSCN5248.jpg
3枚おろしと小分け作業はバンドソーで行いました。
バンドソーは比較的に安全な機械ですが油断すると怪我をします。
危うく手を切りそうになりました
薄いグローブをしていて助かりました。

集中力が薄らいだり疲れた時が要注意です。
精度や作る技術の問題がある事が分かったけど、せっかく作ったので塗装をして仕上げようと思います。
今回の受け皿を作ることになって今までと同じ自家製の蜜蠟ワックスでは耐久性の面で対応出来ないと思いました。
今回の器に求められる点は、
・安全性
・耐水性
・耐久性
の3点だと思って塗料を探し始めました。
第一候補は以前から名前は知っていたけど使った事は無かった”木固めエース”という塗料です。
上記の3点の条件を満たしています。

DSCN5239.jpg
木固めエースの3点セットを購入しました。
一番左のが木固めエースです。
少量でも結構なお値段です
購入して少し経った頃にオフ・コーポレーションからメルマガで”NA-6オリオ2”という塗料も安全で使えるという内容のものが届きました。
オリオ2だったらテーブルの天板を塗るために使って持っていました。
仕上がりも良い感じになるので気に入っていました。
安全性と耐久性が食器に使えるのか分からなかったので使わないでいました。
まあ今回は木固めエースをせっかく買ったので使ってみます。

DSCN5238.jpg
一度塗って#1000の耐水ペーパーで研いた後に再度塗ったところです。
取説によるとこの作業を3〜5回繰り返して木固めエースが染み込まなくなったら完璧ということらしいです。
とても手間がかかるんだなぁ〜

手間といえば、
やってみて分かった事だけどこの器はとっても手間がかかります。
今回10個作ったけど暫くの間同じ物は作りたくないですね
ぐい飲み受け皿を木を組んで作ってみたら、
今の僕の技術では思いの外難しく手間がかかる事が分かりました。

そこで、少し治まっていた木工旋盤への想いが再燃してきました!
筑波の材木屋さんに木工旋盤があって「いつでもやりに来てイイよ!」と言われたので教えてもらいに行ってきました。

DSCN5202.jpg
山戸製作所製の木旋クール600-Ⅱという機種のようです。
とにかく木工旋盤を使うのは初めてだったので最初から教えてもらいました。

DSCN5201.jpg
この機種は、
バイトを手に持たないで固定して使えるタイプです。
材木屋さんのF氏もそのようにして使っています。
もちろん手持ちのバイトでも使えるようです。

DSCN5228.jpg
先に裏面を削って、

DSCN5231.jpg
器の表を彫っていきました。

二日間で試作品を作りながらなんとか使い方がわかってきました。
僕が日本酒を覚えたお店の依頼で”ぐい飲みの受け皿”を作っています。

僕としては彫って作りたいと考えた。
底の部分を平にするのはどうしたらいいか?
手彫りでは平らに出来ないのでフォスナービットでやってみた。
ビットの中心のドリル部分の穴が開いてしまう。埋める事はできるけど見た目が良くない。
良い考えが浮かばないまま時間が過ぎてしまった。

しばらくしてお店に行く事になった。
手ぶらでは行けない。
試作品を3種類の材(桧・ヒバ・欅)で作って持っていきました。
試作品は木組みで作ってみました。
それを見てもらって欅で作る事になりました。

作り始めて分かったんだけど、
とっても大変です。
今の自分の技術ではです

DSCN5214.jpg
まだ全部完成はしていませんがこんな感じです。

DSCN5218.jpg
コーナー接続部の補強としてカンザシを入れました。

DSCN5216.jpg  DSCN5217.jpg

DSCN5221.jpg
表の部分と底部分に傾斜をつけて重ねられるようにしました。

やってみて分かった問題点は、
10個同じサイズで作る事の難しさ。
コーナー部分の留め加工が4箇所全てピッタリと決める難しさ。
留め加工では長期間の使用に耐えられるか。

もう一度最初から考え直してみようと思います。
ヤッパリ彫って作ろうか!
今朝、大陽様が「相棒見に行こう!」と急に提案!

という事で千葉ニューのジョイフルシネマに行きました

DSCN5187.jpg
相棒 劇場版Ⅲ 11:30からの上映です。

チケット売り場で僕の免許証を提示して生涯初のシルバー割引です。
パートナーの大陽様も一緒に適用されて¥1000×2名=2000でした。
とってもお得な割引でした

4月26日から公開されていたせいか、とてもゆったりとして鑑賞出来ました。
あっという間の2時間でした!

思いがけない楽しい映画鑑賞の1日でした。

DSCN5190 - バージョン 2
おまけ!
4月6日にオルテガさんの応援で宇都宮に行って僕もついでに50㎞くらい走って来た日の夜風呂上がりに発見しました。

右の太ももの外側に少し膨らんだところがありました。(おやじの太ももなんか見たくないでしょうから写真無し)
もしや一日走っただけで鍛えられて!?
そんなわけないよ!

大陽様の話すと「脂肪でも溜まっているんだよ!」って言います。

その日から僕は気になって仕方在りませんでした。
一ヶ月間悩んだ末に、鍼灸治療院で見てもらった。
僕が心配しているという事を話すと、
「腫瘍とかを心配したんですよね!」と直球な一言。
でもその後に「99%脂肪でしょう。」と。
ホッとしました
でも心配だったら掛かり付けのクリニックで見てもらったら!と言います。

午後からクリニックを受診しました。
医師も見るなり「脂肪です、何もしなくて大丈夫です!」ということでした。
また自分も何年も前からあるんだよ!と言って白衣を脱いで右の腕を出して触らせてくれました。
確かにコロッとした物があります。

僕のは自転車に乗った事が原因ではなく、その前からあったものでしょう。と言う。

ヤッパリこういう事があると悪い事を想像してしまう。
僕にはまだまだやりたい事や作りたい作品が沢山あるんだ!などなど・・・。

大陽様の言ったとおりでした。
何はともあれ一安心しました
先日お邪魔した糸魚川の翡翠のお店「姫石〜きせき〜」さんで木工職人と言われてブログでも紹介されてチョット気恥ずかしい気分でした。
そのわりに僕のブログに最近木工記事が少ないなぁ〜と思いました。

やっていない訳じゃないんだけど。

というわけで木工ネタです。

いままでいくつかチェーンリングの時計を作っています。
そこでいつも自転車のメンテナンスなどでお世話になっている「サイクルショップ オシガモ」さんにチェーンリング時計を作ってプレゼントしてお店に飾ってもらえないかと思いました。
実は数日前に完成しました。
せっかくなので名前を入れようと思いました。
名前をどのようにして入れるか悩みました。

サンドブラスをやっている知り合いの方にお願いする事にしました。
サンドブラスって細かな砂を吹き付けてガラスや陶器に文字や図を書くものです。
ガラスや陶器に書けるんだから木には勿論出来ると思いました。

しかし、
木にはなかなか難しかったようです。
考えられる原因は硬さが均一ではない事。
年輪部分が他の部分より硬いという事などが原因かなぁ!

というわけで再度作り直しました。
材は同じ欅の元の瘤のような部分を使いました。
材はまだまだあるのでもう少し出来そうです。

DSCN5176.jpg
できました。

DSCN5175.jpg
ネームプレートはこんな感じに作ってみました。
焼きペンで名入れをやってみました。
初めてだったのでチョット不出来ですが、コレも手作りの良さと思っていただけたら嬉しいのですが。

DSCN5173.jpg
本体とネームプレートはマグネットで合体させます。

喜んでもらえるか心配だなぁ!
昨日9:00に下関をスタートしたオルテガさんはPC1・PC2と順調にクリアしています

PC3の出雲には4時21分に到着!
いいねぇ〜って思っていたら、ぶぶさんから電話がかかってきました。
オルテガさんが体調不良でDNFになったと。
オルテガさんはぶぶさん達のいるPC4付近の宿へ輪行で向かったらしい。

大陽様と相談して今居る金沢から鳥取へ急遽救出に向かう事にしました。
最短のルートを通っても450㎞ほどです。
敦賀から先はまだ高速道路網が整備されていません。
ぶぶさん達が出発する時間くらいまでには着きたいところです。

残念ながらぶぶさん達の出発には間に合わなかったけど、
偶然にもぶぶさん達が空港へ向かうバスとすれ違う事ができ手を振るとぶぶさんもわかってくれました。

DSCN5148.jpg
立派な宿です。

DSCN5149 - バージョン 2
宿の前にあった親亀の背中に亀ボスが乗りました。

DSCN5151 - バージョン 2
オルテガさんと大反省会です
温泉に入って休養をしてもまだまだオルテガさんの体調は回復していないようでした。
ヤッパリ食べられないというのは辛いですね。
相談をした結果、
車で帰ると1日では難しいので体調を崩したオルテガさんが長時間車に揺られるのは辛すぎます。
そこで翌日は自転車・グッズなどは車に積んでオルテガさんは鳥取空港から空路帰ってもらう事にしました。
僕と大陽様は車で帰る事にしました。

140430_060738.jpg
早朝露天風呂に貸し切り状態で入ってから宿の前の湖畔を散歩しました。
四つ手網が宿の目の前にありました。

朝食を済ませてからオルテガさんを鳥取空港へ送り、僕達は一応信州を目指す事にしました。
鳥取空港から一般道を通って中国道に向かいます。
僕の古いナビには載っていない鳥取道という道路(無料区間)を通って佐用JCから中国道→名神高速→大津SAでランチ休憩

IMG_3495.jpg  image-2.jpeg
丹波牛が食べられなかったので近江牛のカレーうどんと近江牛の卵とじ丼です
美味しかったですぅ〜

IMG_8889.jpg
少し控えていた甘い物もたまにはイイでしょう

image - バージョン 2
モニュメントの前で

IMG_0326.jpg
ついでに僕も琵琶湖をバックに

さあまた頑張って走りましょう。
名神高速→中央道→上信越道を通って上田まで来ました。
あと2時間くらい頑張れば自宅まで帰れるけど、すでにここまで650㎞くらい走っています。
無理は禁物と思ってここで1泊する事にしました。

140430_193119_20140506083031cf4.jpg
今日は良く頑張ってきました。乾杯

140430_202735_20140506083031c9c.jpg
今日はさすがに疲れたのでコレをいただくと元気になるという事で60年間の禁を破っていただきました

140501_100356-2_20140506083033d86.jpg
ヴィラデストガーデンに寄ってリフレッシュしました。

140501_102313_2014050608303493b.jpg
店内限定でしたのでいただきました
さあ頑張って無事に帰りましょう。

帰路にオルテガさん宅に寄って自転車と道具を渡して無事に帰宅しました。