FC2ブログ
K.ODA TOUR 2014初日の和歌山へ行ってきました。

DSCN5600.jpg  DSCN5599.jpg
東京駅でお弁当を買って頂きました。
いろいろ美味しそうなお弁当があって迷ったけど、マグロづくしとサーモンとエンガワの炙り寿司をチョイスしました。
もちろんビールはお気に入りのプレモル

新大阪から在来線に乗り換えて和歌山まで約1時間ほどで到着しました。

DSCN5601 - バージョン 2
駅で見つけました。
今までこんな看板を見た事は無かったですね!
まあ小田さんが言っていましたが17年振りの和歌山公演だったようです。
駅も気合いが入っていたという事でしょう

DSCN5605 - バージョン 2
今回のツアータイトルは”小田日和”です。
ツアートラックはこんな感です。
今日の会場には3台停まっていましたが多分もっと多いと思います。
いったいどれほどの機材を積んでいるんだろう。

4時開場 5時開演の予定です。
今日の席は2階席だったけど2列目でよく見える席だった。
予定時間より少し遅れてスタートしました。
オープニングは「アルバム制作日誌」のビデオが流れました。
今回7月2日発売のアルバム”小田日和”の製作日誌です。
小田さんのクシャミも収録されていました。
僕は「小田さんはあんな風なクシャミをするんだ!」って思いました。

約7分間のビデオが流れた後登場です。
久しぶりです!
アッという間の楽しい時間が流れました。
曲の順番とか覚えていなかったけど他の方のブログから拝借しました。

1.そんなことより 幸せになろう
2.キラキラ
3.やさしい雨
4.Re
5.やさしい風が吹いたら
6.二人
7.この街
8.東京の空
9.たしかなこと
10.明日
11.その日がくるまで

12.愛になる
13.the flag
14.風と君を待つだけ
15.愛を止めないで
16.Yes-No
17.ラブ・ストーリーは突然に
18.mata-ne
19.言葉にならない
20.彼方
21.今日もどこかで
22.やさしい夜

アンコール1
23.またたく星に願いを
24.ダイジョウブ

アンコール2
25.今のこと
26.Yes-Yes-Yes
27.hello hello

僕は新しいアルバムの曲も良かったけど、個人的には『14.風と君を待つだけ』が良かったなぁ〜!
励まされるというか、勇気づけられた気持ちで聞いていました。
アンコールは2度ありました。
園山さんがいなかったなあ、どうしたのでしょうか!

19時50分位に終演でした。

DSCN5615 - バージョン 2
最初は今日は買わなくてもイイか!って言っていたけどやっぱり欲しいと思ってTシャツとトラックをゲット。
売り場で「袋要りますか?」と聞かれたようでご立腹の大陽様でした。

DSCN5616 - バージョン 2
小田日和の旗のお兄さんと記念写真でご機嫌も復活しました

帰りはタクシーに乗れなかったので歩いてホテル近くまで戻りました。
事前にリサーチしておいたお店は2軒とも満員で入れませんでした。
翌日気がついたんだけど繁華街は和歌山市駅の方だったようです。

DSCN5617.jpg
仕方ないのでホテルに戻ってホテル内の和食のお店で頂きました。

一夜明けて29日(日曜日) この日もコンサートはあるけど僕達は帰ります
列車の出発時間とデパートの開店時間まで間があったのでちょびっと観光に和歌山城まで行ってみました。

DSCN5623.jpg
樟の木の巨木です。

DSCN5630.jpg
根周りはこの迫力!!
この木に出会えただけでここに来た価値があったと思ってしまいました。

DSCN5634.jpg
天守閣へ向かう裏階段、表より楽と書いてあったけどキツい!!!
とっても運動不足を感じてしまいました。
大陽様の置いて行かれました。

DSCN5639.jpg
なんとか天守閣までたどりつきました。
表階段を下りて行くと「脚の不自由な方の手助けを忍者がしてくれる!」とありました。
忍者?!ってなんだろう。

すると前から忍者が!
それも若くてなかなかのイケメンだ。

DSCN5645 - バージョン 2
大陽様が見逃すはずはありません

DSCN5653.jpg
今回のお土産 吟醸酒「熊野三山」と柚酒と梅酒です。 
楽しい和歌山城観光でした。

次は7月12/13日の東京都体育館です。
スポンサーサイト



2014.06.23 WOOD JOB
以前からみたいと思っていた映画を見てきました。

DSCN5587.jpg
「WOOD JOB!(ウッジョブ!)~神去なあなあ日常~」という映画です。
見に行こう、行こう!と思っているうちに今週の金曜日で終わってしまうので今日行ってきました。

100年先を見据えた林業というのが印象的でした。
雪解け後の芽吹きに感動しました。

そして木を使って仕事をしている自分は「無駄にしないで使い切って良い作品を作ろう!」と強く思いました。
ウッドターニングの教室に行ってきました。

先日は三郷でペンターニングをしてボールペンを2本作って来た。
やっぱり器を作ってみたい!という欲求が湧きます。

木工旋盤は回転している材に刃物を当てて削って形を作っていく。
刃の当て方によっては非常に危険な事態になってしまう事は想像出来ます。
やはり最初が肝心だと思います。

機械や刃物の取り扱いから導入する際の機器選定などのアドバイスもしてもらえるような所で教えてもらいたいと考えました。
そしてお願いしたのが”ウッドターニング川口工房”さんです。

午前中は刃物の種類から始まって研ぎ方やグラインダーや砥石の種類などを教えてもらいました。
シャープニングは実地でも行いました。
午後からはいよいよ材を削ります。
今日の材は欅です。
十分乾いている材でとても硬い材です。

DSCN5492.jpg
まずは外側から加工します。

DSCN5517.jpg
外側の加工が終わったら内側です。
内側の方が難しいよ!と先生に言われました。
外側でさえ充分難しいのに・・・。

四苦八苦していると先生が助け舟を出してくれます。
先生が手を添えると嘘のようにさくさくと削れます。
難しい

DSCN5569.jpg
こんな素敵な器が出来ました。
アッという間の充実した時間でした。
ありがとうございました。

直には出来ないかもしれないけど近いうちに導入して始めたいと思いました。
数年前から寒くなるとカーナビがなかなか起動しない症状があった。
ここ数日全く起きないで困った。

修理に出しても相当な費用が掛かりそうだったのでポータブルナビを付ける事にしました。

DSCN5408.jpg
選んだのはパナソニックのGorillaです。
CN-SP735VLというモデルです。

DSCN5409.jpg
付属品はこんな感じです。

DSCN5450.jpg
ブルベ応援で威力を発揮しました。
案内も丁寧でgoodです。

こんな事ならもっと早く導入すればよかった。
2014.06.15 いい父の日
今日は父の日という事で、

DSCN5469.jpg
先日長女と会った時に先渡しという事で頂いたお酒を頂きました。

DSCN5566.jpg
こちらは次女が送ってくれたポロシャツです。

幸せな気分になった父の日でした。
2014.06.15 614千葉600 応援
DSCN5421.jpg  DSCN5422.jpg
いきなりですが”うな重”です。
筑波の松乃屋です。
今日はオルテガさんの千葉600の応援です。
オルテガさんは6:00に袖ヶ浦臨海公園をスタートしました。
応援団はPC2でオルテガさんを待ちました。
今回の応援団は、ぶぶさん・ソラマメさん・大陽総監督と僕です。

予定通りにPC2にオルテガさん到着。
元気そうで順調です。
オルテガさんを見送ってから応援団は筑波の松乃屋へ向かいました。
四人でうな重を堪能しました。
オルテガさんの分をテイクアウトしてPC4へ向かいました。
なんという事でしょう!
既にオルテガさんが到着していました

DSCN5427 - バージョン 2
早速テイクアウトのうな重を!
嬉しそうです。

DSCN5429 - バージョン 2

記念写真をパチリ
オルテガさん順調です。
今日の応援団はここまでです。
この先まで行くとこの後の予定が難しいので。
オルテガさんがこのPCでなんとも言えない名言を。
順調だね!というと「ブルベは一瞬先は闇だから!」と答えました。
この時は体調も良さそうだったので気に留めなかった。

応援団は、ソラマメさんは明日の仕事に備えて帰宅しました。
残りの3名は先回りして宿泊地の九十九里へ向かいました。
いつものお店は満員で入れなかったけど宿で教えてもらったお店に行きました。
鮮魚店を併設ているお店です。
期待出来そうです。

DSCN5436.jpg  DSCN5438.jpg  

DSCN5439.jpg  DSCN5441.jpg
新鮮な魚を堪能しました。
お刺身の分厚さに感動です
ぶぶさんもカニサラダにご満悦でした。

DSCN5445.jpg
DSCN5444.jpg
ぶぶさんはお蕎麦、大陽様はお茶漬けで〆ました。
僕はなめろうの定食を頂きましたが写真を撮り忘れてしまいました。
なめろうも量が多くて3人でシェアーしてなんとか完食できました。
大満足のお店でした。
宿へ戻り明日に備えて21時過ぎには夢の中へ


2時過ぎに
ぶぶさんからです!
オルテガさんから救助要請です。
夜間雨中走行を強いられ体調を崩してしまったようです。
約60キロ先のセブンイレブンに救出に向かいます

DSCN5446.jpg  DSCN5447.jpg
オルテガさんは向かい側のコインランドリーで疲れて休んでいました。
大陽総監督が外からコンコンと!

オルテガさんを無事に救出して宿に戻ってもう一眠りします。
後で聞いたらオルテガさんはぐっすり眠れてと言っていました。

朝になってザックジャパンの前半戦を観戦してから宿を出てスタート地点の袖ヶ浦へ向かいました。
女性陣のご希望で”袖ケ浦アウトレットモール”へ行く事に。

DSCN5452.jpg  DSCN5455.jpg
回転寿司に入ってビックリしました!
なんとタッチパネルで注文します。
たらふくいただきました。

DSCN5458.jpg  DSCN5460.jpg
帰り道はアクアラインで帰ってきました。

また頑張りましょう!
2014.06.11 取材
とっても久しぶりの”家づくり”のカテゴリーでの記事です。

我が家の設計&施工管理をしてくれた建築士の古川泰司さんから電話がかかって来て『住まい手がDIYを行って住んでいる家の取材をしたい』という事でした。
雑誌の取材はこの家が出来た当初に一度ありました。
一般の雑誌で”新しい住まいの設計”とかいう雑誌でした。

今回はどんな雑誌なのかなぁ〜!

取材当日はあいにくの雨降りの予報です
古川さんとは3年点検の時に会って以来だから約10年ぶりくらいですかね!
元気に活躍しているのは大陽様のFacebookでチェックしています。

今日の取材は古川さんとフリーのライターさんの大菅力さんという方の2人です。
来られた時には雨は降っていなかったので外回りを見て回りました。
まずは2階のデッキ材を張り替えた際に出た廃材で作った板塀部分から見ました。
痛んでいたヒバの材を削り直して使いました。
アクセントに鉢植えを入れるスペースを作りました。

次に作業場のドアです。
一応作業場内も見てもらいます。
ここでいろいろな話(インタビュー)が始まりちょっと長く話しました。
ずっと続きそうな感じになったので家に入ってもらう事にします。

ショップ・通路の扉・僕の部屋・自転車ルーム・大陽様の部屋と見て回りました。
僕は当初はDIYをした部分だけを見ると思っていたけど一応全体を掃除して片付けておきました。
全部見るんだ!と内心思たけど「やっておいて良かった!」とも思っていました。
その後、洗面所・トイレ・風呂・サンルームと見てから居間でいろいろとお話をしました。

今回の雑誌は全国の工務店や設計事務所向けの業界紙という事なので一般の方や建て主さんにはなかなか読まれない物かもしれません。
でも全国のほとんどの工務店や住宅建設関連の会社が購読しているらしい。
今日の取材でどんな記事になるか楽しみです。
雑誌名は教えてもらったけど忘れちゃいました。
たしか”新建築”だったかなぁ〜

今日は写真を撮られる側だったので自分は撮る事を全く考えませんでした。
長年使って来たトリトンのテーブルソーに別れを告げて新しいテーブルソーを導入しました。

DSCN5403.jpg
stax tools 793 テネシー 10"大型テーブルソー (Tennessee)というモデルです。
重量が120Kgあります。
僕の作業場では最重量級の工具になりました。
本格的な木工機械と比べれば全然重くはないけど僕の作業場ではコレくらいが限界です!

Kちゃんに手伝ってもらいました。
分解して台車に乗せられる場所は乗せて運んで、出来ない所は2人で運びました。

後日Kちゃんから使っていないモービルベースを頂き乗せました。

DSCN5398.jpg  DSCN5397.jpg
モービルベースは見た目が華奢な作りなのでホームセンターで鉄板を買って来て補強しました。
ただ乗せるのが一苦労しました。
なにせ一人だったので!
腰を痛めないようにサポーターをして頑張って乗せました。

DSCN5346.jpg  DSCN5348.jpg
アメリカの木工市場で一番の人気を誇るFORREST社のソーブレイドを付けました。
よく見るとシリアルナンバーが付いています。
切れ味が楽しみです。

DSCN5403_2014061915104023f.jpg
テーブルソーのなんとか無事に設置出来ました。

DSCN5404.jpg
ついでにバンドソーと角ノミ盤を乗せる台を制作して乗せました。
角ノミ盤は出番が少ない工具なので台の下に収納して使う時だけ出して使う事にします。

DSCN5405.jpg
バンドソーと角ノミ盤が乗っていた場所が空きました!!
さてここはどのように使うつもりなのでしょうか。
DSCN5218.jpg
先月作った”ぐい飲みの受け皿”ですが、四隅の接合部分が留め接ぎなので使い続けた時の耐久性に少し不安があります。

DSCN5393.jpg
そこで水を入れて精度を確認してみました。
一日入れて置いたけど大丈夫でした。

もう一種類、四隅の接合を他の方法でも作ってみようと思います。
昨日作業をしていたら自動カンナが動かなくなってしまった。

DSCN5388.jpg
僕が使っている自動カンナは”デルタ22-580JP”というモデルです。
7、8年前に買ったんだけど当初はあまり使ってはいませんでした。
でも自宅で作業するようになってからは、無くてはならない機械となりました。
コレが無かったら作業ができません。

それが動かなくなってしまいました。
そうなる直前にスイッチ部分のパーツが外れました。
取り付けても直に外れてしまった。
そうこうしているうちに動かなくなった。

DSCN5389.jpg
一度スイッチ部分を外して取り付け直したけど動きませんでした
困った。
泣きたい気分だった。

DSCN5391.jpg
今日は駄目でも仕方ないと思って分解して掃除をしてみる事に。
一応取説の注油の仕方を読みながら行いました。

DSCN5390.jpg
この部分を念入りに掃除して注油を行いました。
それでも動かなかった。
ついでに鉋の刃部分も外して脂を落として綺麗に掃除をしました。
しばらくやっていなかったからなぁ〜!

最後にもう一度スイッチを外して分解してみました。
あれ!
ちゃんと組み立てた積もりだったけど内部の部品が一箇所ずれて付いている感じです。
その部分を直して慎重に組み立てて取り付けました。
カバーを付ける前にこの状態で動くかどうか試しにスイッチを押してみたら、

動いたぁ〜!!
良かった!
ここからは慎重に組み立て直します。

DSCN5392.jpg
復活した”デルタ 22-580JP”です。
このモデルは既に国内での販売は終了しています。
大事に使わなくちゃ!

今回の事があって考えた事があります。
使う工具や機械は国産の物の方が良いのか!という事です。
修理や部品交換などを考えると対応が早いという事。
今回のデルタは国内に代理店は無いんじゃないでしょうか。
だから自分でやらなくちゃならない。
国内製品だったら自分の手に負えなくなってもメーカーに修理依頼を行えます。

僕だけが感じている事かもしれないけど、
日本のメーカーの製品って家具作りや木工作業を主眼においていない気がします。
建築用という感じかな。
まあ使う人の数が建築関係の方が断然多いから仕方ないと思うけど。
だから木工関係の人は外国製の道具や機械を使うんだろう。
DIYは海外の方が断然進んでいるから当然道具や機械も先進的なのでしょう。

今回のような事があったから次の自動カンナを何にしようか考えておこうと思います。
ヤッパリ候補は外国製かな!
2014.06.04 懲りない性格
昨日の今頃はまさかこんな事になるとは思ってもいなかった。
それほど大げさな事ではないんだけど、

テーブルソーを入れ替えるにあたって作業場内の材を整理しました。
この時に思ったのは「ここにある材で作品を作って材が減るまでは新しい材を買うのを控えよう!」という事でした。

それが昨夜オークションでウォッチしていた桐材の入札をして落札出来ちゃいました!!
桐材はピューマさんに頼まれているローテーブルの希望素材でした。
軽さを最優先しての選択でした。
しかしテーブルの上でボールペンなどで文字を書くと天板に傷がついてしまう程柔らかいので諦めてもらいました。
結局杉材で作る事にしました。
既に板接ぎをしてあります。
でも僕の気持ちの中の何処かに桐材でという想いがあったのでしょう。
そんな訳で2枚の桐材を落札しました。

明日から雨降りが続く天気予報だったので今日受け取りに行ってきました。

DSCN5379.jpg
落札した桐材2枚です。
ぎりぎり800幅の材が取れそうな感じです。
こちらの材木屋さんは今回2度目です。
材木屋さんが言うには「オークションに出せなかった桐材がある」と言います。
見せてもらったら、こっちの方が断然良い材でした

DSCN5377.jpg
長さも幅も充分です。

DSCN5378.jpg
ついでにこの杉材もお買い上げです

良い材を見て価格的な折り合いがつくと、ついつい欲しくなってしまいます。
材は一期一会なんて言い訳をしながら自分を納得させてしまうのです。

頑張って作るぞ!!&今度こそもう買わんぞぅ〜!
先日、松戸伊勢丹で屋久杉の展示販売を見てから"屋久杉"が気になって仕方ない

小さなときから熱しやすく冷めやすい!なんて言われていた事を思い出す
でも事木工に関してはそんな事は無いと思っています。

DSCN5381.jpg

DSCN5380.jpg

ハンドメイドの屋久杉ボールペンを手に入れました。
木工旋盤を使わないで作った作品のようです。
濃厚な屋久杉の香りがします。
2014.06.02 連日の薪
今日は朝から筋肉痛です
昨日の久しぶりの薪集めで普段使わない筋肉を使ったからです。

今日はチェーンソーをクリーニングして片付けてから作業場の整理をしようと思っていました。
すると”ピンポーン”とチャイムが鳴りました。

以前庭木の剪定を頼んだ近所の造園屋さんでした。
先日、薪用材が出たら頂きたいとお願いしてありました。

DSCN5374.jpg
桜材その他が出たので持って来てくれました。
こうなったら筋肉痛でなんて言っていられないです。

連日の薪との格闘です。
昨日は殆ど薪割り機でやったのだけれど今日は自力で薪割りです。
まずその前に欅製材所から薪用に貰って来て残っていて端材を処理します。
残っている端材は薄板ばかりで薪としては使えないものばかりだったので刻んで縛ってゴミ回収に出します。
今日が燃えるゴミの日なので回収に来るまでに急いで出しました。
少しだけ良い杢の材があったので何か作れそうだったので取って置きます。
午前中いっぱい掛かったけど幸いに今日は回収が遅くて助かった!

午後からは薪作りです。
住宅街なのでエンジンチェーンソーはうるさいから電動チェーンソーを使いました。
桜は木目が素直で割りやすく気持ち良かった。
他の材は樹種は分からなかったけどとても割りにくい粘りのある材で苦労したけどなんとか片付けました。

DSCN5376.jpg
また少し薪棚に薪が増えました。
薪はやっぱり自分で作って集めると満足感が違いますね
今朝7時過ぎに薪ストーブ仲間のSさんから電話が来ました。
実は先週も薪集めに誘っていただいたんだけど僕の都合で行けなかった。
という事で急いで朝食をとって待ち合わせ場所の現場近くのセブンイレブンへ行った
現場は地元の農家のお屋敷内でした。
材は樫の木です。
オーク材ですね!

DSCN5359.jpg
伐採して大分日が経っているので乾燥して割るのは苦労しそうです
Sさんはこの現場は数回来ていて農家の方とも親しそうでした。
こちらの農家の方はこの伐採した木を処分するために薪割り機を購入したそうです。
その薪割り機をお借りして割る事にしました。
僕は自分でコツコツと割ろうかと考えていましたが、その考えは甘かったと後で気付きました。
とにかくこの木は堅すぎます。

DSCN5357.jpg
Sさんは薪割り機の操作も慣れた様子でやってくれました。
感謝です

DSCN5360.jpg  DSCN5361.jpg
凄い威力です!!

DSCN5358.jpg
少しの間に薪の山が出来ました。
それにしても今日の暑さは真夏並みです。
農家の方がお水とサイダーを差し入れてくれました。
Sさん曰く「こんな事は今まで無かった!」ようです。
大汗かきながらの作業でした。
こんなに汗をかいたのは久しぶりです。
帰りに収穫したばかりの大根・胡瓜・ネギなどの野菜まで頂いてしまいました

薪を満載して帰りにSさん宅に寄ってきました。
場所は以前教えてもらったのだけど伺うのは初めてです。
同じ市内とは思えないほどの自然豊かな立地です。

DSCN5362.jpg
広い敷地に素敵な建物と庭です。

DSCN5369.jpg
駐車場の奥には薪棚が!
我が家だったら数年分使えそうな量の薪が置いてありました。
また自宅前には広ーい薪置き場兼作業場も確保してありました。
とっても羨ましい環境です。
Sさんの薪ストーブと家や家族への想いを強く感じました。

DSCN5373.jpg
帰ってランチ後少し休憩して薪を降ろして薪棚へ積みました。
下半分と少しが埋まりました。
もう少し集めないと今度の冬の薪が足りません!
頑張ろう〜!

今日の作業は僕一人だったら難しかったです。
Sさんありがとう。