FC2ブログ
天板を家に持って帰ってから暫く作業場内に置いておきました。
その後テーブルソーを入れ替えがあったりしてなかなか作業に取りかかれないでいましたが、
やっと始める事ができました。
出来上がりのサイズは長さ1500・幅800ですのでそのサイズにカットします。

作業場が狭いので丸のこでカットしました。
DSCN5678.jpg

なるべく重厚感を感じないようにという要望があったので再度を45度傾斜を付けてカットします。
DSCN5682.jpg  DSCN5684.jpg

幕板を反り留め効果を期待して使ってみようと思います。
天板の裏を10㎜掘って幕板を差し込んで駒留めで固定しようと考えました。
部材を切り出しそれぞれの加工をしました。
脚は天板を作った残りの材から切り出しました。
幕板は残念ながら長さが足りなかったので別の杉材から製材をしました。


DSCN5739.jpg  DSCN5737.jpg  

DSCN5740.jpg
幕板の駒留め用の穴を開けるのに久しぶりに角ノミ盤を使いました。
この角ノミ盤を使うのは展示ルームのドアを作ったとき以来です。
あんまり使わないから一時はオークションで売っちゃおうっかと思った時もあったけど使ってみるとヤッパリ便利です。
売らなくて良かったって思いました

DSCN5732.jpg
駒は強度を考慮して欅で作る事にしました。

DSCN5729.jpg
約30個の駒を作りました。

DSCN5736.jpg
こんな感じで取り付けます。
駒の下部を傾斜させる事で固定力を増し強度が出ます。という事をある木工房の技術解説で学びました。
僕は分からない事があるとネットで検索して調べています。
多くの事をこの工房さんの解説から教えてもらいました。
技術や技法を惜しげも無く公開して頂いて感謝しています。

ほぼ全部の加工が終わったので後は仮組をして大丈夫だったら研いてから塗装をして本組みをします。
もう少しで完成です!
スポンサーサイト



2014.07.30 祝勝会
昨年の”全日本マウンテンサイクリングin乗鞍”男子Cクラスで見事優勝したコンタさんの祝勝会をピューマさんのお誕生日会と併せて行いました。

毎回チーム亀風でエントリーしています。
嬉しい事です。
コンタさんはその後幾つかの大会で勝っています。
会場でチーム亀風ってどこのチーム?と聞かれる事もあるそうです。
聞く人は何処かの強豪チーム!?って思うのでしょうね
まさか、ゆる〜いおじさん中心の職場チームと知ったら!ビックリでしょうね

DSCN5759 - バージョン 2
お祝いっていう事ですのでプレゼントです!
大陽総監督からコンタさんへプレゼントの贈呈です。

DSCN5761 - バージョン 2
ヒルクライム優勝といえば赤い水玉のマイヨ・ブラン・ア・ポワ・ ルージュです。

DSCN5760 - バージョン 2
そしてこちらは同じ赤い水玉のキャップです。
このキャップはコンタさんのど真ん中だったようで、選んだ僕としても喜んでもらって嬉しかったです
その他にキーホルダーと浮島神社のお守りをプレゼントしました。
もちろん両方とも赤い水玉です。

DSCN5750 - バージョン 2
この夜はチーム亀風が全員集合でした。
ず〜〜〜っと前から亀風の自転車仲間のピューマさんからローテーブルを作ってと頼まれていました。

移動が楽に出来るようにと軽い材で作って欲しいと言われていました。
そしてピューマさんは”桐材”でとの注文でした。
確かに桐は軽い材だけど、傷つきやすいからという事で諦めてもらいました。
だってピューマさんの所は3ニャンコがいるからです。
直に傷だらけにされてしまうんじゃないかと心配しました。

というとどんな材で作ろうか!
なるべく軽くという事で杉材でどうかと提案しました。
杉材も傷つきやすいけど桐よりはイイんじゃないかと思います。
ピューマさんの了解を得て杉材で作る事に決定!

お世話になっている筑波の材木屋さんへ杉材を探しに行きました。

DSCN5203.jpg  DSCN5204.jpg
長さ約4000㎜のこの杉材で作る事にしました。
仕上がりの長さが1500㎜なので元からカットして2枚接ぎにします。

DSCN5207.jpg  DSCN5209.jpg
寸法を合わせて接合部分を手押しカンナ盤で削ってからこの巨大なプレス機にセットして接着します。
こんな機械があると作業時間と手間が短縮出来ていいですね!(羨ましい)
大物の作業は筑波に来てやらせてもらえるので助かります。

DSCN5226.jpg
接着剤が乾いてから両面をこれまた巨大なカンナ機で40㎜に削ってもらいました。
西日対策で張ってある日除けを南側にも張ろうと思って2枚買ってきてあったけど物置に入れっぱなしにしていました。

いよいよ梅雨も開けて夏本番になったので意を決して張る事にしました(大袈裟だ!)

DSCN5728.jpg
こんなふうに張ってみた。

効果は結構ありそうですね!
早くやればよかった!!
今年の5月に作ったぐい飲みの受け皿。
10個の製作依頼があってなんとか作りました。
コーナーの接合を留め接ぎ加工で作ったけど、
この方法だと長期間の使用にどれくらい耐えられるか不安だけど今の僕には他の接合技術が無いので・・・。

DSCN5689.jpg
10個全部に水を入れて半日置いて漏れが無いか試してみました。
大丈夫でホッとしました。

DSCN5691.jpg

DSCN5692.jpg
留め接ぎです。

DSCN5695.jpg  DSCN5694.jpg
表側の淵と裏側を45度欠いて加工し重ねられるようにしました。

はたして気に入ってもらえるでしょうか、と少しの不安を抱えながら行きました。
夕方5時、既に暖簾が出ていました。
早速見てもらいました。
結果OKでした
よかった〜!

マスターは夏から使おうと思って7月くらいまでにと注文したけど現物を見て秋口から使おうと思うと言っていました。

DSCN5722.jpg
と言いつつも僕には今夜使わせてくれました。
自分で作った受け皿で飲むお酒は格別な味がしました
2014.07.21 Sghr cafe
Sghr cafeへ行ってきました。

前から行ってみたいと思っていながらなかなか行けなかった所です。
スガハラというガラスショップの工場です。
最初にスガハラ硝子を知ったのはFar East Cafeに行ったとき南青山界隈をぶらついていてショップを見つけました。
帰ってからHPを見たら九十九里町に工場とショップ&カフェがあると知りました。
いつか行ってみたいと思っていました。

今日はお休みだったのでゆっくりしてから出発しました。
自宅から65㎞くらいで1時間半くらいで着きました。

道路から少し入った落ち着いた環境の中にショップ&カフェがあります。

DSCN5715.jpg
案内板もガラス製でした。

DSCN5714.jpg
カフェの入り口です。

DSCN5712.jpg
その奥にショップがあります。

DSCN5710.jpg
スガハラガラスのほとんどの作品が展示されています。

大陽様はプレゼント用にワイングラスのセットとカップのセットを選びました。

DSCN5718.jpg
僕はブラックのぐい飲み二種類と透明の器とご飯茶碗にしようと思う器を選びました。

結構時間が掛かって遅めのランチをカフェで頂きました。

DSCN5697.jpg  DSCN5698.jpg

DSCN5699.jpg  DSCN5701.jpg

DSCN5705.jpg  DSCN5706.jpg
食器類ぜ〜んぶガラスでした!
デザートまでいただきました。

ゆったりした時間を過ごす事ができて楽しい一日でした。
K.ODA TOUR 2014 本日”小田日和” 東京2日目に行ってきました。
今日は僕達”二人”です。

小田さんのツアーは1箇所で2dayです。
「2日とも見に行く!」と言うと「内容が違うもの?」と聞かれます。
「内容は同じだよ」というと「何で同じなのに2日間見に行くの?」
まあファンとはそういうものなのです。

今夜MCで小田さんが「今夜のお客さんはおとなしい」って言っていました。

mata−neでは歌詞を間違ってしまい最初からやり直しました。
「シカとして続けちゃおうかと思ったけど大事な曲だから」と話していました。

彼方の時にスピーカーが1個音が出なくなった。

アンコールでは昨日と違う曲をやってくれました!
アンコール1回目
もっと近くに
ダイジョウブ

アンコール2回目
今のこと
yes-yes-yes
hello hello
生まれ来る子供たちのために

いろいろあったけど良いコンサートでした。
どういう言葉だったか定かではないけど、
小田さんも「今日は良い気分」だったように言っていました。

今夜は上野駅までタクシーで帰ろうと大陽様と相談していました。
会場を出て駅と反対方向へ歩いて行きました。
少し行って運良くタクシーに乗れました。
会場脇を通って「今日は何でしょうか?」と運転手さん。
小田さんのコンサートですと答えて運転手さんコンサート談義に。
運転手さんは以前2000人くらいの会場でステージに立った事があると。
ステージ上からは以外と観客の顔は認識出来るんですと話していました。
多分小田さんもいつも来てくれている方々の顔は分かっていると思いますよ!ですって
嬉しい事を言ってもらいました

次は来月の横浜です。
K.ODA TOUR 2014 本日”小田日和” 東京の初日に行ってきました。

今日は軽井沢のもっちゃんとお友達のTさんと一緒です。
とはいえ僕達はアリーナ席でもっちゃん達は2階席でした。
僕達が早く会場に着いたので2階席の方でオンステージ席の申し込みをしてみました。

DSCN5672.jpg
オンステージ席の申し込みは長蛇の列でした!
ステージ上の約100席を求めて2〜3000人くらい申し込んだのでは!

発表までの間にもっちゃんたちと合流しました。
久しぶりの再会だったけど元気いっぱいという感じでした。
オンステージは残念ながら駄目でした

会場に入ると、

securedownload.jpg  securedownload.jpeg
井上真央ちゃん、めざましテレビのお花が飾ってありました。

E58699E79C9F201.jpg
席はこんな感じの所でした。

6時ちょっと過ぎに始まりました。
オープニングは同じです。
でもなぜか毎回ワクワク💞しますね!
和歌山→沖縄→東京と今日が3公演目です。
和歌山の初日と比べて明らかに良い感じになっています。
ヤッパリ初日というのは小田さんくらいになっても、どこか手探り状態なのでしょうね。

アッという間に前半の11曲が終わって”ご当地紀行”東京版が流れます。
東京駅、浅草寺、不忍池でのボート漕ぎ・・・。
いつも見ていて思うのは「僕達も何処かで逢いたいな〜!」って。

後半の2曲目に『その時』は突然訪れました!!
the flagの
🎼やがていつの日か この国のすべてを
  僕らが この手で
変えてゆくんだったよね
  僕らが この手で すべてを♫
このフレーズの時に僕の顔が大スクリーンに映ったんです
毎回このフレーズの時に会場内のオジサマ方がスクリーンに映るので”いつかは”って思っていましたがそれが今日訪れるとは・・・。
僕が画面に映る前小田さんが映っていたので見ていたら急に自分が映ったので舞い上がってしまいましたという感じでした。
僕にとっては一瞬の出来事という感じでした。

終わってからもっちゃんから「ずいぶん長く映っていました、これからはflagさんと呼ばせて頂きます!」と嬉しいメールを頂きました。

また今日の席は花道のすぐ近くだったので何度も小田さんが近くに来てくれました。
いつもはあまり近くを見ない小田さんと目が合った!!
大陽様が言っていました。
僕も確かに一瞬見たと思います

楽しい東京公演初日でした。
今から20数年前にテニスボールを左目に当ててしまった。
眼科を受診したが大丈夫だけど念のためといい大学病院を紹介されました。

病院で検査をしたら両目の網膜に弱い箇所が発見されました。
今すぐに治療の必要は無いが将来硝子体の圧力が加齢等で弱くなると剥離するかもしれない。
という事で経過を観察していました。

その後はいつも頭の片隅にその事がありました。

10日くらい前から左目の飛蚊症の蚊が少し多くなったような気がしました。
ぐずぐず悩んでいたけどとにかく今の状態を診てもらおうと思って病院を探しました。
もしかしたら手術をする事になるので病院選びは慎重に!と思いました。
どうやったら良い病院にたどり着けるのでしょう。
僕はネットで”網膜剥離”について調べていて「網膜剥離友の会」の存在を知りました。
早速今までの経過と現状を書いて医療機関を教えてもらいたい旨のメールをしました。
すると直に居住地の近くの信頼出来る医療機関を教えて頂きました。

DSCN5665.jpg
そして東邦大学佐倉病院に行ってきました。

今日は眼底検査を行うので電車で行きました。
眼底検査は目薬で強制的に散瞳して検査をします。
4〜5時間瞳が開いた状態になってしまうので車で行くと帰りに運転が出来なくなってしまいます。
DSCN5663.jpg
病院の最寄り駅は”ユーカリが丘駅”です。
病院のHPによるとこの駅からは徒歩22分ほどのようです。

DSCN5668.jpg
病院の送迎バスも出ていましたが付いた時間にはちょうど良いバスがなかったので歩きました。

DSCN5663.jpg
良い感じの緑道が続いていました。
地図では分からなかったけど緩やかに下っています。
という事は帰り道は苦手な登りになります!
病院に着く頃には少し汗ばんでいました。

受付を済ませて視力の検査をして散瞳の目薬を付けてもらい医師の診察を待ちました。
信頼出来る評判の眼科という事でたくさんの患者が来ていました。

そして医師の診断、
結果は確かに両目の網膜に弱い箇所が有るが今すぐに手術や他の治療の必要はないが経過観察を続ける必要があります。
という事でした。
ホッとしました
経過観察は近所の開業医で良いと言われました。
偶然今日診て頂いた医師は同じ市内で開業しているので今後はそちらで診てもらおうと思います。

数日間悩んでいた事が解消して本当にホッとしました。
昨日のリア変則不能をオシガモさんに見てもらうために持って行きました。
足のケガの具合は、歩くのは少し痛みがあるけど車の運転はできます。
なので自転車を車に積んで持って行きました。

みてもらったところ、ワイヤーの切れや外れではなさそうです。
チェンジレバーが内部で破損していました。
メーカーからレバーだけの供給があればレバーのみの交換で済みそうですが、無い場合はチェンジレバーのブラケットごとの交換になってしまうという
ついでにハンドルのバーテープも交換してもらう事にしました。

まあ足の事が有るので急ぎません。

140703_100604.jpg  140703_100614.jpg  140703_100640.jpg
久しぶりにオシガモさんに行ったので先日贈ったチェーンリング時計が良い場所に置いてもらっていました。

ご自分の思い入れのある自転車のチェーンリングでも作れます。
興味のある方いらっしゃいましたら『木工屋 hiuma』までお気軽にお問い合わせ下さい。
今日は梅雨の晴れ間の一日のようです
朝からよい天気でした。

運動不足を感じながらなかなか自転車に乗れないでいました。
という事で今日は自転車で手賀沼CRへ行きました。

天気が良く風も穏やかで自転車日和です。
日和といえば今日は”小田日和”の発売日です。

手賀沼CRも走っている自転車が多かったしジョギングの方も多くいました。
手賀沼CRから農道を経ていつものコースを走っていてR16を越えてあと10㎞くらいのところで急にリアのギアがトップに入ったままチェンジ出来なくなってしまいました。
幸いフロントは正常に動いたのでインナー×トップで帰ってきました。
なるべく平坦なコースをと思ってもこの辺は何処を通っても少なからず坂が有ります。
ギアチェンジの有り難さを痛感しました。


午後
不注意であわや骨折するかと思った。
1階のデッキ部分の板を1枚腐りかけていた所を外してあった。
そこに両足を入れてしまい倒れてしまった。
倒れる瞬間に”もしかしてこのまま倒れたら骨折するかも”と短い間に考えた。
でも幸いにずれながら倒れたので大事には至らなかった。
両足がデッキの間に挟まれたまま足が抜けずにもがいていた。
なんとか足を抜いたけど直には立てなかった。

両足のスネに大きな擦過傷と右足のふくらはぎの打撲。
コレくらいで済んで良かったと思う事にします。
2階のトイレを使った後、なぜかソックスの踵が濡れていました???
何でだ!
トイレに戻って床に敷いてあるマットを触ってみたらそこが濡れていました。

DSCN5588.jpg  DSCN5589.jpg
ウオッシュレットの接合部分辺りから漏れているようです。

最初は自分でパッキンを交換すれば治るかも、と考えていました。
しかし手で触ってみても漏れている箇所が分からない。
工務店に連絡して水道屋さんに来てもらった。
我が家を建てた時にもお世話になったK島さんだ。

見てもらったところ、
「コレは自分たちが分解して直す事は出来ないんです」と言う。
TOTOの製品は分解した時点で保証期間の対象外になってしまうという事のようです。
まあ既に13年経っているので保証期間ではないけど。

修理の費用もそれなりに掛かるので交換した方が良いでしょうとアドバイスされる。
交換って便器から全部だと相当費用を見込まないといけないのか!っておもったらウオッシュレット部分だけ交換すれば大丈夫。
ホームセンターで安く売っているモノでも大丈夫で自分で出来るよ!という事です。

早速、ネットで機種を検索。
自分で交換した方のブログなども多数ありました。
比較的安くて東芝のSCS-T260とうのが良さそうです。

DSCN5646.jpg
でも他のメーカーだと便器部分との色が微妙に違いそうだったので結局同じTOTOのKMシリーズ TCF702 #SC1 [パステルアイボリー]を選びました。
選定基準は、瞬間式・脱臭機能・リモコン操作です。

DSCN5648.jpg
前の給水管を外すのに少し手間取ったけど、その他はそれ程難しい事も無く1時間程度で完了しました。

DSCN5649.jpg
念願のリモコンです。
2階のトイレは座って右側がスライドドアになっているため左側にしかリモコンを設置できません。
この製品は送信部分が両サイドに付いているので良かったです。
価格.comの口コミで読んだところ片方にしか送信部が無く反対側に取り付けるとうまく作動しない事が有ると書いてあった。

使った感じは座面の幅が少し前の機種と比べると狭いように思える。
まあ慣れれば問題ないレベルだけど。
その他は水圧の調整やマッサージ機能も付いていてなかなか良い感じです。