FC2ブログ
2016.10.27 煙突掃除
いよいよ関東地方も寒くなってきました。
いつもの年だと10月中旬には薪ストーブの初焚きをするけど、今年は暖かく今までまだ焚いていない。
昨日から少し寒くなってきたので煙突掃除をする事にしました。
煙突掃除は風の無い穏やかな日でないと出来ません。
風邪が強いと煤が飛んで大半な事になると思います。
風邪の強い日にやった事が無いので正直なところわかりませんが。
今日は曇っているけど風は無いので絶好の煙突掃除日和。
早く終わらせたかったので写真は撮りませんでした。
無事に煙突掃除が終わったので今シーズンも安心して焚けます。

スポンサーサイト



2年前に2階のトイレの便座から水漏れがあって便座を交換しました。
その時に1度水道屋さんに見てもらいました。
便座部分だけ購入して自分でやりました。
2014.7.1の記事です!

今回の水漏れも同じ位置だったの便座部分のみ交換すればイイかなぁ〜って思っていました。
すると、大陽様から、
2階の交換した便座はサイズが小さい事と貯水タンク内の汚れが気になると言われました。
実は我が家のトイレの排水する水は雨水を使っています。
家を建てる時に雨水利用の設備を設置しました。
屋根に降った雨を直接下水に流さず貯水槽に貯めてトイレの排水と庭の散水栓に使っています。
貯水槽に入る前に簡易の濾過装置を通ってから入りますが微細な汚れまでは除去しきれてはいません。
その微細な汚れがトイレのタンク内に付くのだと思います。
もちろんソレで水道管や配水管が詰まるという事は無いのですが。

いろいろ考えて大陽様と相談して、今回は便器ごと交換して新しいトイレにしようという事になりました。
そうと決まったらどのトイレにするか機種選定です。
今までと同じTOTO製にするか、最近TVCMで気になっていたPanasonic製にするか、デザインが良いLIXIL製にするか。
実質この3社の中から選ぶ事になりました。
この中で一番候補はPanasonicのアラウーノというトイレです。
排水する際に泡で洗い流すので汚れが着き難い!というのが売りのようです。
検討の結果選んだのはPanasonicのアラウーノ タイプ2というトイレです。
選んだ時のポイントは、
・便座が一番大きそう
・泡で洗い流すので汚れが着き難そう
・洗浄ノズルがステンレス製で清潔に保てそう
・便器が有機ガラス系新素材で軽い
こんなところが選んだ理由です。
それからショップのトイレ徹底比較も参考になりました。
また新築時にトイレ選定の経過を細かく掲載されていてとっても参考になったサイトがあります。
コスケさんのサイトです。
本当に参考になりました、ありがとうございました

機種が決まったので早速ネットで注文しました。
金曜日に注文して翌週火曜日の午前中に到着しました。

securedownload_2016103007161238a.jpeg
2個口で到着。

securedownload_20161030071614908.jpeg
開けてみるとこんな感じです。
今回もトイレ交換を自分でやってみようと思いチャレンジしてみました!

securedownload_20161030071618731.jpg
早速取り付け開始と行きたいところですが、先ずは既存のトイレを撤去します。
一番最初にやった事は水道の元栓を閉めました。
水道メーターのBOXの中にあります。
次に雨水からの止水栓を閉めます。
これで万が一トラブって管などを破損しても大洪水は防げます💦
タンク内の水を流してタンクを空にします。

securedownload_20161030071616c58.jpg
便器内に残った水は灯油のスポイトで汲み出しました。

securedownload_20161030071618bed.jpg
いよいよ便器を外します。
便器後ろのナットを外します。

securedownload_20161030073037927.jpg
次に前部分のキャップを外すと出てくるネジも外します。
これで便器が外せます。
陶器製の便器は重いです💦
一人でやる時には腰を痛めないように注意が必要です😅
僕も危ないと思い腰サポーターを巻いてからやりましたが、とっても重く苦労しました!!

securedownload_20161030073039d62.jpg
既存のトイレの撤去が終わりました。

いよいよアラウーノの設置です。

securedownload_201610300730393b7.jpg
その前に排水溝と床の隙間が空いていたのでコーキングで埋めました。
施工説明書にもそうするように記載されていました。

securedownload_20161030073043938.jpg
床フランジという器具を床に固定します。
この床フランジという器具は便器と排水溝を繋ぐ部品です。
4種類の床の排水溝のサイズに対応するために3種類のリングが付属されています。
ココで小トラブルが発生しました!
前日付属品を確認した時に、このリングの1個を床フランジに逆にはめてしまい抜けなくなってしまいました😥
隙間にシリコンスプレーを吹いたり、ペンチで引っ張ろうとしたり、針金で引っ掛けて外そうとしましたが駄目です。
もうこの部品だけ買い直さなければという思いが浮かんできた時に、ペンチで挟む隙間が無くて引っ張れなかった箇所の本体部分を少しカットしてみようという事です。
早速やってみて、どうにかリングを外す事はできました。
カットした部分は排水溝の中に差し込まれる箇所なので何の支障も無いと思います。
その後は施工説明書の要領で塩ビ用接着剤を塗って床フランジとリングを接着して排水溝にはめます。
床フランジを4箇所ビスどめしてして床に固定します。

securedownload_20161030094214b60.jpg
床フランジを基準に型紙をセットして便器固定用ビスの下穴を開け、同じく便器の前部分の固定片を取り付けます。
型紙をを外して便器をセットします。

securedownload_20161030094215705.jpg
便器をセットして、床固定のビスと床フランジ固定のナットでシッカリ固定します。
前部分のビスは手締めで締めます。
付属の給水ホースで止水栓と本体の給水部を繋ぎます。
リモコンをセットして作動テストを行ないました。
水漏れも異臭も無く無事に設置が完了しました。

securedownload_20161030094217b03.jpg
施工説明書を読みながらの作業でしたがなんとか無事に取り付ける事が出来ました😊
2016.10.04 新芽
7月に書いたドラセナは、結局今年も切れないでいました。

securedownload_20161005220404613.jpg
新芽が出ているのを今朝見つけました。

securedownload_20161005220406caa.jpg  securedownload_20161005220407b76.jpg
よく見ると小さな芽が他にも二つ出ていました。
これで上を摘めても大丈夫でしょう。
来年春頃切ろうかと思います。