FC2ブログ
デッキ材は以前使っていたヒバ材を再利用しています。
元々30mmくらいの厚さがあった材の傷んだ箇所を削って25mmにして使っています。
材に残っている折れたビスなどをチェックして抜いてから自動カンナ盤で削っていました。

でも、

やっちゃいました!
ビスが残っているのを見落として、そのまま自動カンナ盤に入れてしまいました😱
その結果カンナの刃を傷めてしまいました。

IMG_3104-30-11-17-12-46.jpg
刃がだいぶ損傷しちゃいました。

IMG_3103-30-11-17-12-46.jpg
刃だけではなくローラーも傷んでいました。
触ってみるとローラーに金属が付着したように盛り上がって着いていました。
このままの状態で刃を交換しても綺麗に材を削れないでしょう。
付着して盛り上がっている部分を小さいヤスリで削りました。

IMG_3105-30-11-17-12-46.jpg
盛り上がった部分をこんな感じに削りました。
見た目は傷に見えるけどある程度平になりました。

IMG_3107-30-11-17-12-46.jpg
ヤスリはコレを使いました。
ルータービットなどを研ぐ時に重宝していました。

新しい刃を取り付けて削ったみました。
とても良い感じです。
スポンサーサイト



2017.11.28 大量の薪
10時過ぎに電話が掛かってきた
ご近所の造園屋さんからだった。
今日直径4、50cmの欅を伐採しているけど薪用に使いますか?という事です。
先日頂いた分も割れずに薪棚に入れてある状態です。
外にはまだ再利用するデッキ材が置いてあるし・・・。
でもせっかく連絡してきてくれたんだからets
という事で、置けるだけ頂く。ということになりました。

IMG_3095-28-11-17-22-25.jpg
午前中はデッキ張り作業を進めて午後から再利用の材を足場が無くなった1階のコンクリート部分に移動しました。
屋根部分のデッキ材は7年前に張替えてセラガンバツ材を使っています。
この材が重いんです💦
最初は長さを確認しながら移動していたけど、
後半は体力的にもキツくなってきてランダムに置いてしまいました。

IMG_3097-28-11-17-22-25.jpg
そうして空けたスペースに薪置き用に簡単な板をセットしました。
造園屋さんが来る前に用意出来て良かったぁ😅
セット出来て間もなく造園屋さんのトラックが来ました。

IMG_3098-28-11-17-22-25.jpg
大量の薪用の丸太です。
今日伐採したばかりなのでとっても重たいです。
直ぐに割った方が割り易いんだけど割った薪を置く薪棚が無い。
デッキ材張りが終わってから薪棚をデッキ上に一つ作る予定です。
やる事が次から次に押し寄せて来ている感があります。
○数字がいくつまであるのか心配になってきた”デッキ工事”記事です。

今日は最大の難関のエアコンの室外機の部分のデッキ材張りです。
エアコンの本体と繋がっている配管は結構曲がり難いんですね。
室外機を少し前に動かして張る部分の空間を作って作業しました。

IMG_3091-28-11-17-22-23.jpg

3枚張った所で室外機を架台から降ろそうとしたら配水管が架台の隙間を通って下に4mほど垂れ下がっていました。
それを抜かないと室外機が架台から降ろせない状態でした。
架台は以前のデッキをそのままカットして乗せてありました。
この材も再利用出来そうなので材を傷めないようにビスを外します。
そのビスは材の表面から奥にめり込んでいます。
ビスの頭が見えないほどめり込んでいるものもありました。
施工した大工さんはソレが原因で材が傷む事に考えが及ばないのか。
そんな事を考えながらビスを外していました。

IMG_3094-28-11-17-22-23.jpg
難関をなんとか突破できました。
ここで塗装の済んだ材が無くなりました。
残っている材を確認してみたところ、
正確には数えてはいないけど屋根部分の手前まではなんとか足りそうな感じです。
また削って塗装をしなくっちゃね
IMG_3081-27-11-17-17-09.jpg
注文してあった弥良来杉(ミラクル杉)が届きました。
予定より早い到着で良かったです。

そうそう、今朝足場の解体に来てくれました。
デッキ材の張り始めの時には足場が有ってとっても助かりました。
それでも足場が無くなるとスッキリした感は否めません。

根太材をカットして2階に運んで鉄骨枠に納めます。
杉材で軽いといっても長さ4m弱なので大変です。
それだけで疲れます。
とても大工さんにはなれません💦

IMG_3083-27-11-17-17-09.jpg  IMG_3084-27-11-17-17-09.jpg
屋根の上の木の根太は6本です。
家寄りの1本は7年前に屋根部分のデッキを張替えた時に使った弥良来杉(ミラクル杉)の根太を再利用しました。
その他の根太材も全く腐食箇所は無かった。
南側の根太材として再利用しました。
最初に弥良来杉(ミラクル杉)を使うときは「本当に大丈夫なのか?」という思いは正直ありました。
でも今は7年間の使用で全くダメージのない材を見て自信を持って使えます。
デッキ張り作業の最初の難関箇所です。
水栓の立ち上がりとガス給湯機の配管箇所です。
現物合わせで材に印を付けて作業場へ戻ってジグソーでカットしてから、また現物合わせをしました。
幸い一発でOKでした。

IMG_3074-27-11-17-17-09.jpg
水栓の立ち上がりは2枚のデッキ材の丁度真ん中でした。
両方の材を少しずつカットして納めました。

IMG_3073-27-11-17-17-09.jpg
こちらが給湯器のガスと水道の配管です。
3カ所をカットして現物合わせしました。
大丈夫だったのでカットした箇所にキシラデコールを塗って留めました。

もう少し張り進むと次の難所があります、
エアコンの室外機スポットです。
さて、どのようにクリアしようか・・・。
削ってサイズに切った材を面取りして塗装を先にして張り始めました。
先に塗装をしておかないと側面や底面がうまく塗れなくなってしまいます。
材を張る場所へ上げて現物合わせで張っていきます。

7年前に張り替えのため解体する時に思ったのだけど、
新築時にデッキを施工する時に下穴を開けないで直接ビスを打ったのではないかと思います。
そのためビス穴から木目に沿ってひびが入ってソコから腐食していました。
今回は下穴を開けてからデッキ用のビスを使って留めます。
新築時は普通のコーススレッドでした。

IMG_3063-22-11-17-20-48.jpg
上の板は下穴を開けたところです。
下の材は元のビス穴を使って留めました。
裏返しにして使ったけど裏側まで亀裂が入って腐食しています。
今回は傷んでいる箇所にはキシラデコールを充分染み込ませました。

IMG_3064-22-11-17-20-48.jpg
下穴を開けた所は無塗装になってしまうのでスポイトでキシラデコールを垂らしてからビス留めしました。
細かな事だけどヤルのとやらないのでは年が経つほどに違いが出るのではないかと思いやっています。

IMG_3067-23-11-17-16-35.jpg
ここまでできました。
残りの材でどこまで出来るか心配です。
2017.11.22 またもや
IMG_3062-27-11-17-17-07.jpg  IMG_3061-27-11-17-17-07.jpg
割れたマグカップです。
3個セットの内の1個が割れていました。
大きい方の画像でチョコットだけ写っているので自転車好きなら、
直ぐにわかるけど”マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ” “白地に赤い水玉模様” ツールの山岳賞模様のマグカップです。
一番欲しかったカップだったのに・・・😱💦

オークションで買って宅急便で送ってもらいました。
陶器なので心配で受け取って直に開けてみてこの状態でした。
今までも何度か品物を破損させられた事があります。

発送の時に差出人から商品を受け取ってから受取人に渡すまでの間どんなふうに扱われているのでしょうか。
数が多いからは雑に扱ってもいいなんて理由にはならないし。
宅急便会社の多くの人の手を経ているのでどこで誰が破損させたかはわかりません。
でも間違いなくどこかで破損しているんです。

送料と3分の1の金額の補償で一件落着!  となりました。
先日の作業で傷めた足腰の方はそれ程でもなく筋肉痛のチョット重いくらいでした。
それよりも、普段と違う屋外の足場がある所だったり作業場内でも違う動線で動いたりしてアチラコチラに足や腿などをぶつけてしまいます 
その時は作業に夢中でそれ程ではないと思っても風呂に入った時に気になって見ると青あざになっている事がよくあります。
そんな状態ですが頑張るしかありません

再利用しようと思って残しておいた材の中に4mの材が7枚あります。
できればそのままの長さで使いたいと思いました。
でも電気カンナ+手鉋での作業では出来上がり品質にムラが出来てしまう事は先日の作業でわかりました。
ヤッパリ自動カンナ盤で削って仕上げるのが現実的だ!という結論です。
しかし4mの材をそのままの状態で自動カンナ盤で削れる所がありません。
仕方ないので半分の2mにカットして削ろうと思います。

IMG_3037-21-11-17-09-18.jpg  IMG_3038-21-11-17-09-18.jpg
この長さなら作業場で自動カンナ盤で削れます。
結構傷んでいるモノもあります。

IMG_3021-18-11-17-07-21.jpg
自動カンナ盤と集塵機を作業場の入り口付近へ移動させて作業をします。
表裏と側面の4面を削るので結構時間がかかってしまいます。
そんな作業も、少しずつ材が削られて綺麗になっていくのは楽しいですね😊

IMG_3053-21-11-17-09-14.jpg  IMG_3054-21-11-17-09-14.jpg
コレくらいに再生しました。
もともと表面の方がダメージが大きいので、今回張るときはその面を裏側にして張ります。
どちらにしろビス穴の跡は残っていますが裏面の方がビス穴自体も小さいです。

IMG_3040-21-11-17-09-18.jpg
削った木屑が溜まってしまい置き場が無くなったのでクリーンセンターへ持って行って処分してきました。
2017.11.20 この冬一番
IMG_3039.jpg
今朝6時過ぎの外気温です。
2℃です。
一気に寒くなってきました。
この冬一番の寒さです。

今年はデッキ工事があるので薪棚を一つ解体して材を置くスペースにしたので、その分薪のストックが少ないです。
年内分はなんとか間に合いそうだけど、冬中はむりだろうなぁ〜😓
何とかして調達しなければと思っています。
ほぼデッキの骨格が組み上がり職人さんがやる事は細かな部分だけになりました。
後は僕がデッキ材を張るだけです。
頑張らねば
少し前からデッキ材の再利用する材の加工をしています。
再利用するといってもそのまま張るには、傷みや汚れ・劣化している箇所があるのでカットしてから表面を自動カンナ盤で削ります。
もともとのサイズは90×30だと思います。
削ってみて再利用する材のサイズを85×27にしました。
出来るだけ長い材はカットしないで長く使いたいと思います。

IMG_3021-18-11-17-07-21.jpg  IMG_3023-18-11-17-07-21.jpg
狭い作業場なので2mくらいの材は入り口から削った材を表に出すように自動カンナ盤をセットして削りました。
4mくらいの材が8枚ありました。
出来ればそのまま使いたいところです。
どう削ろうか考えた結果、
手持ちの電気カンナで削ればいいかと思ったけど、電気カンナを持っていません。
困ったときのオークション!

IMG_3027-18-11-17-07-21.jpg  IMG_3028-18-11-17-07-21.jpg
マキタの110mmカンナ 1911Bです。
出品者の方にお願いして早期終了してもらいました。
早速使ってみました。
アレッ!
なんだか削れません。
見たところ綺麗な状態で使用頻度の少ないダメージも無い電気カンナだったのでそのまま使ってみました。
でも1990年製造の機械ですから。
とりあえず刃を外して見てみました。
欠けも無いようです。
でも念のため刃を研いでみましょう。
#1000のダイヤモンド砥石を使いました。
刃をセットして試しに削ってみたらgoodです。

IMG_3031-18-11-17-07-21.jpg
長い材を外の足場を利用して削ってみました。
イイ感じに削れるんだけど、
綺麗に均一に削るのは結構難しいですね。
最後は手鉋を使って目指すサイズに仕上げました。
手鉋も綺麗に仕上がって良いと感じました。

足場の下で、中腰で変な体制で作業したので背中・腰・尻を傷めました。
たいした事ない事を願います😥
2017.11.13 庭木の剪定
毎年葉が散る前に庭木の剪定をしています。
と言っても自分ではすでに出来ない高さになっているのでご近所の造園屋さんに頼んでいます。
今年はデッキの工事をしているので終わってからでないと出来ないと思っていました。

造園屋さんから「時間が出来たので今からやりましょう」と連絡が入りました。
デッキの工事をしている事を言うと、
「邪魔にならないように出来ます」と。

IMG_2930-08-11-17-17-46_201711151652495ad.jpg
ヤマボウシは紅葉してだいぶ葉が散っています。

IMG_3002-14-11-17-22-07.jpg
武蔵野欅はまだ葉がたくさん残っています。
こちらが散ると葉が道路側に落ちてしまうのでその前に剪定してほしいと思っていました。
今日やってもらえてよかった。

IMG_3004-14-11-17-22-07.jpg  IMG_3005-14-11-17-22-07.jpg

造園屋さんはトレックのゴンドラに乗って手際よく切っていきます。
4人で来て他の職人さんは、脚立に登って他の庭木を切ってくれています。

IMG_3007-14-11-17-22-07.jpg  IMG_3008-14-11-17-22-07.jpg
お陰様でサッパリときれいな庭になりました。

IMG_2978-11-11-17-08-04.jpg
デッキの工事もだいぶ進んで組み上がってきました。
鉄骨屋さんは土日休みなので根太を僕が設置する事になっていたのでやる事にします。

根太には数年前にデッキの張り替えを行なった時に使った弥良来杉(ミラクル杉)を再利用します。
再利用する事を伝えてあったので解体の際にには丁寧にやってもらいました。
それでもビスが劣化して折れている箇所があります。

IMG_2980-14-11-17-22-05.jpg
こんな感じです。
材を再利用するにあたって少し綺麗にしたいので表面を削ろうと思います。
そのためにはビスの残骸を抜かないと自動カンナの刃を傷めてしまいます。

IMG_2981-14-11-17-22-05.jpg
折れたビスの周りを少し掘ります。
ビスの頭を”ネジザウルス”というちょっと特殊なペンチで挟んで回してネジを抜きます。

IMG_2982-14-11-17-22-05.jpg
抜けました。

コレで安心してカンナをかけられます。

IMG_2994-14-11-17-22-05.jpg
ベランダ部分の根太を設置出来ました。
毎日デッキ工事が進んでいます。

IMG_2940-11-11-17-08-04.jpg

IMG_2941-11-11-17-08-04.jpg

IMG_2959-11-11-17-08-04.jpg

IMG_2945-11-11-17-08-04.jpg

IMG_2951-11-11-17-08-04.jpg

IMG_2960-11-11-17-08-04.jpg

IMG_2973-11-11-17-08-04.jpg

IMG_2978-11-11-17-08-04.jpg

IMG_2976-11-11-17-08-04.jpg

IMG_2966-11-11-17-08-04.jpg

IMG_2990-11-11-17-08-04.jpg
2017.11.10 落ち葉掃き
IMG_2930-08-11-17-17-46.jpg
ご近所の造園屋さんに頼んであるんだけどデッキ工事が終わるまで出来ない樹木の剪定。
このヤマボウシも殆どの葉が散ってしまいました。
こうなる前に剪定しておきたかったのです。
IMG_2929-08-11-17-17-46.jpg
葉が散ると庭中に落ち葉が。
落ち葉は外にも散って風で飛んでいって他のお宅にご迷惑をかけてしまうので数年前から葉が散る前に剪定していました。

今年は予定が狂ってしまいました。
2017.11.07 happy birthday
大陽様のお誕生日です。

職場の同僚の方達からもプレゼントを頂いて帰ってきました。
とても嬉しそうです😊

IMG_2924-08-11-17-08-55.jpg
プレゼントを記念撮影📷

IMG_2919-08-11-17-08-55.jpg  IMG_2925-08-11-17-08-55.jpg
僕からはこの2つです。
フォトフレームは”えもじや”さんに書いていただきました。
フレームはブラックウォールナットで作りました。
器は先日小田さんのプレゼントに作った器と同じ材から作りました。
栃杢の材です。
こちらにも良い感じで杢が入っていました。
僕からのプレゼントも喜んでもらえてようです(多分)😅

追加です。
IMG_2926-08-11-17-17-46.jpg
お誕生日といえばヤッパリこれが無くちゃね!
IMG_2957-11-11-17-06-30.jpg
おまけのモンブラン。

IMG_2953-11-11-17-06-30.jpg
翌日のチーム亀風のお誕生日会、
なぜか先月10月分のオルテガさんとコンタさんのお誕生日会です。
そこでぶぶさんから大陽様へサプライズプレゼントが。
ぶぶさん手編みのネックウォーマーを頂きました。
とってもフワトロで気持ちのよい肌触りでした。
未も心も暖まるプレゼントでした。
2017.11.07 あごのイボ
数ヶ月前からあごの左右2カ所に小さなイボのような物ができてしまいました。
特に痛くも痒くもないんだけど、気になる!!
唯一困るのはひげ剃りの時です。
勤めているときは電気シェーバーを使っていましたが、今はお風呂に入った時にカミソリで剃っています。
最近のカミソリは電動で5枚刃とかなんですね。
良い感じに剃れます。
その時に気になります。
普通に剃ってもイボを傷つけるとかは無いんだけど気になるのです。

そこで通院しているクリニックの先生に相談したところ、
「以前は液体窒素で処置していたけど、今はもっと良い方法でできます。」って言うのでとってもらう事にしました。
一応、「その方法は痛くないですか?」って聞いてみました。痛みに弱いので😓
先生は大丈夫痛くないからと言いました。

そして今日取ってきました。

痛かったです!!

先ずは消毒をしました。
看護婦さんの会話で”ハサミ”とか言っているのが聞こえた時には、😱えっ
って感じでしたが解き既に遅し。
先生は麻酔するか?しないでそのまま切るか?って聞いてきます。
そのまま切っても、麻酔してもどちらもチクッ!っとした痛みだと言います。
僕が答えるのをためらっていると、
先生はそのまま処置を始めました。
おおっ〜痛たっ!
直ぐに取れたようです。
見えないけど摘んでからハサミのようなモノで切ったのでしょうか。
その後何かで焼いたようで、ソレも痛た熱かったです💦
傷口を看護婦さんが脱脂綿で少し強めに押さえています。
その後右側のもう1個のイボの処置に移りました。
今度先生は「こっちは麻酔してやろう!」と言いながら麻酔の注射をプチリ💉
その後は先程と同じように処置したようですが痛みは感じませんでした。
処置しながら先生は、「どっちが痛くなかった?」とか聞いてきました。
僕は「どっちもいい勝負💦」と必死に答えました。
2個の処置が終わって先生はもう一つ首筋のイボを見つけて、「コレも取っておこう!」と言いながら処置して取った様子です。
3カ所の傷口を2人の看護婦さんが止血のために押さえています。
しばらくして出血が止まったようです。

IMG_2920.jpg待合室で
消毒用の薬を塗ったカットバンを貼ってくれました。
これで一連の処置は終わりました。
ふ〜うっ💦

こんな思いをするなら以前他のクリニックでやってもらった液体窒素での処置の方が楽だったなあ。
今度できちゃったらそっちにしようっと。
IMG_2898-04-11-17-17-20.jpg  IMG_2899-04-11-17-17-20.jpg
デッキの解体がほぼ終わって自転車ルームの屋根が現れました。
こうなって見えてしまうと汚れが気になってしまいます。
作業場から掃除機を持って来て掃除を始めました。
落ち葉や砂埃は箒と掃除機で直ぐに取れました。
でも砂埃が固まってこびりついた箇所は取れませんでした!
そこで屋根の塗装面を傷つけないように真鍮のワイヤーぶらしで擦って落としました。
この作業が結構大変でした💦
それでもまだ少し汚れが残っています。
最後は濡れ雑巾で拭いて落としました。

IMG_2901-04-11-17-17-20.jpg  IMG_2900-04-11-17-17-20.jpg
まあまあ綺麗になったかな。
こんな事してもまたデッキが出来てしまえば見えなくなってしまうし、また汚れちゃうんだから・・・。とは思いますが”気になっちゃう”んだから仕方ないですね😅💦

IMG_2902-04-11-17-17-20.jpg
で、次に気になっちゃったのがコノ庇です。
写真は掃除した後でゴミは無いけど有ったんです。

IMG_2903-04-11-17-17-20.jpg  IMG_2904-04-11-17-17-20.jpg
庇のゴミを掃除していて気になったのが庇の付け根の亀裂です。

IMG_2905-04-11-17-17-20.jpg  IMG_2909-06-11-17-05-41.jpg

コーキングをして補修しました。

IMG_2907-04-11-17-17-20.jpg
ふと横を見たら庇がこんなに付いています!!
こうなったら全部掃除してコーキングです😅
ココこそデッキが付いたら掃除や補修が出来ないから。
結局、一日かけての屋根と庇の掃除と補修作業でした💦
IMG_2897-04-11-17-08-15.jpg
今年は是非とも行けますように
2017.11.03 蕎麦 たか木
我が家の近くにある「蕎麦 たか木」に行きました。
我が家のある新興住宅地の近くには”ちょっとイイ感じ”の飲食店が無くて「たか木」まで歩いて10分位かかります。
お店に行く途中、坂を降りてまた少し登って行きます。
最初の坂は斜度10%くらいある激坂です。

IMG_2893-04-11-17-08-15.jpg
ホタテとタコのサラダ・馬刺2種盛り・鶏皮餃子で生ビールで乾杯

IMG_2894-04-11-17-08-15.jpg  IMG_2895-04-11-17-08-15.jpg
締めはつけカレー蕎麦とおかめそば

さあ、激坂を登って帰ろう💦
2017.11.02 コートのカビ
先月末にブラシとエタノールでカビ取りをしたコート。
でもそのまま着用するという気にはなれません。

そこでまたネットで調べてみました。

IMG_2890-03-11-17-05-09.jpg
酸素系漂白剤で浸け置き洗いが良いようでした。

IMG_2889-03-11-17-05-09.jpg
コートを付け置くというと浴槽ぐらいしかありません。
2〜30分浸け置きしました。
そのあと水ですすぐと説明書きがあったけど、
あえて洗濯機で普通に洗濯をしました。
陰干しで乾かして一連のカビ取り作業は終了です。
このコートは襟の部分に革が使われています。
浸け置き・洗濯をしたけど見た感じ大丈夫そうです。
これでこのコートを使えそうです。